お金持ちの特徴や4つの習慣!本は読むのか?

お金を持っている人が大切にしている習慣とはなにか?

それを真似すれば、あなたもお金持ちになれる!というものではないと思いますが、

【お金持ちのマインド】は見えてくるかもしれません。

なにを考え、何を大切にしているか?

一緒に学ぶ事でより良い生活を手に入れましょう。

本を読む習慣

とにかく読書量が多い。

テスラのイーロン・マスクは毎日10時間

アップルのビル・ゲイツは週に1冊。(年間約50冊)

Facebookのマーク・ザッカーバーグは2週間に1冊。(年間約25冊)

みなCEOとして多忙を極めているにも関わらず、これだけの読書量があります。

それはなぜか?

新しい知識を入れる事の重要性を知っているからです。

常に新たな知識を求め、古い情報は最新の物に更新していく。

そうする事で、今までにない革新的なアイディアを創造する事が出来、生まれたアイディアが実現可能なのか?を模索するために絶え間なく学び続けます。

また、現状で満足してしまうと、さらなる躍進は望めず”現状維持=衰退”と考えているからです。

事実、停滞というのは実際にはなく。学ぶ事をやめた瞬間がゆるい下降線に切り替わるポイントです。

無駄な消費をせず、投資をする

一時の快楽の為にお金を消費することは、ほとんどありません。

お金を多く持ってる人は、一見派手な生活をしているように見えますが、それはごくたまにある瞬間を切り取られたものを、私たちが見ているに過ぎません。

そして、そんな瞬間であっても、その裏には人脈作りの為にお金を使っている。という事も多々あります。

では、何にお金を使っているのか?

ずばり、投資です!

先ほどの「人脈作り」というのも、今後のビジネスにつなげる為に人付き合いをしているわけですから、これも投資になります。

より優れたスキル・知識・技術の向上を図り、自分の為にお金を使う。

「自己投資」という部分において、彼らはお金を惜しまずに使います。

そこにお金をどれだけ注ぎ込もうが、将来、何倍にもなって返ってきます。

そして、不動産・株などの資産を持ち。資産によってお金を増やします。

お金を使う事によって、お金をさらに稼ぐ。

お金持ちほど積極的に投資し、未来の収益をしっかりと確保しています。

倹約家である。

先ほどの「無駄な消費はしない」というのと近いんですが、

彼らは物を大切にし、贅沢を好みません。

流行りのブランド物よりも、10年後も使える物なのか?を重視して物を選びます。

仮に必要な物がとても高価な物だったとしても、10年も使い、満足度の高い買い物だった場合

値段以上の価値があると思っています。

逆に消費とは、安いからといって不要なものをたくさん買っていればお金がいくらあっても足りない。という事になってしまいます。

【安物買いの銭失い】とは、本当にうまい事言ったものです。

ちなみに英語では「penny-wise and pound-foolish」と表せられるみたいです。

どの地域でも、同じような意味の”ことわざ”があるってすごいことですよね!

ことわざって真理に近いというか、納得せざるおえない物ばかりです。

時間を大切にしている

お金持ちの人は時間の価値を知っています。

ダラダラとした時間を過ごすのも、有意義に充実させた時間を過ごすのも

どちらも同じ時間なのです。どんな人にも時間は平等です。

時間を有効活用するために計画を立て、実行し、息抜きの為に「自分の時間」でさえもコントロールして過ごしています。

こうした時間の使い方が上手い人は、業務の効率化も考えるので、24時間という1日を持て余す事なく使い切り、その積み重ねで人生が形成されているものと考えています。

いかがでしたか?

言葉にしてみれば、特別難しい事はないかと思います。

どれもすぐにでも実践できそうな事に感じられます。

しかし、最初に述べた通り真似をすれば良い。というものではないと思います。

マインド(心構え)をどれだけ理解できるか?をよく考え、もう一度読んでみると

最初に読んだ時とは違ったものが見えてくるかと思います。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期