ビジネスや起業するにあたりsnsでセルフブランディングをすることの重要性とは!

これからの時代は「あなた」自身の価値によって、昇進、転職、あるいは起業の成否を決める時代です。

既存の枠組みが次々と崩壊し、数十年前ではありえない生活が現代の常識となっています。

これからの時代を生き抜くには「自己ブランディング」によって、個人が力をどう活かすか?が成功する条件となりそうです。

スポンサーリンク


セルフブランディングとは?

自己ブランディングとは、自分自身あるいは自分のビジネスに付加価値をつけてブランド化することです。

個人が力を持てるようになった時代が到来した今、これからのビジネスに必要ななのは「自分」をいかに打ち出すかが明暗を分けます。

一昔前までは、仕事をするには、何らかの組織に属することが一般的だったので個人の力は弱く、組織の力を借りなければ、ビジネスを展開することが難しい環境でした。

また、情報収集の手段が限られていた事もあり、個人での活動は限界がありました。
しかし、現在はインターネットの普及により、時間や場所を問わず仕事をすることが可能になり、個人単位でも世界に向けて情報を発信することが容易になりました。
その結果、個人の影響力がますます増大しています。

そして、インスタグラマーやユーチューバーなどの個人が活躍するようになり、個人に対し企業が業務提携を結び、宣伝活動をしています。これにより、フォロワー数の多い影響力のある個の力によって商品が売れる!というフォーマットが成り立っていると言えます。

セルフブランディングはローリスク・ハイリターン

もし、あなたが誰でもできる定型業務をしているなら、できるだけ早く、その仕事をしないで済む方法を考えるべきです。「誰にでもできる仕事は技術の発達と共にAI(人工知能)がその役割を果たす」と捉えるのが必然と言わざる得ないかもしれません。

効率化によって仕事が無くなるのを待つのではなく、あなたにしかできない事を見つけ、もっと価値のある別の仕事をする。という考えを持たないと先細りの人生になってしまうかもしれません。

個人での発信は、既存の媒体を使えばローリスクでいつでも始められし、一度、火がつけば企業のタイアップも見込めるハイリターンを見込めます。

セルフブランディングを実践するには?

Twitter、Facebook、Youtube、ブログなど、発信媒体は豊富です。その媒体を使うにせよブランディング化を狙うのであれば、必要な要素があります。

自分の強みを分析する

自身の強みを分析することは必須です。強みとは、自分では当たり前にできるけど、他人はでなかなか真似できない事です。難しく考える事はなく、趣味などの”好きな事”からビジネスに繋がりそうなものを探してみるのが良いでしょう。

あなたの強みに”価値”を求めている顧客がいればのビジネスは成立します。

最初から利益を生み出せないかもしれないので、好きな事・楽しんで続けられる事というのがポイントです。

ターゲットを絞り込む

趣味嗜好が多様化しているからこそ、万人受を狙うのではなく、むしろ少人数の熱狂的なファンによって支えられるニッチな形の方が利益を得て存続しやすいです。

あなたのコアなファンを増やしていければ、ブランディングは成功します。
「あなたを必要としている人はどんな人なのか?その人に対して何ができるか?」という顧客側の視点になる事が大切です。

有益な情報発信

情報発信の精度を磨いていけば、加速度的にファンを獲得できるでしょう。

情報そのものは、今やほとんどが無料で入手可能です。だからこそ、どこからではなく「誰から」情報を得るかということが重視されています。

あなたの独自の視点で切り込み、自分自身のファンを作れば、組織に縛られる事なく「やりたい事をやりたいように」が可能になります。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期