「資本」ではなく「価値」を中心とした「価値主義」へシフトする

生活する上で必ず必要なのが”お金”ですが、「お金とは何か?」と聞かれると、正確に答えれる人は少ないのではないでしょうか?

生活に欠かせないものでありながら、突き詰めて考える機会はあまりありません。

そんなお金について真正面から切り込んだ「お金2.0」という書籍が話題を集めています。

新しい経済のルール「お金2.0」とはどういったものか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


資本主義経済は限界を迎えている

圧倒的に物が不足していた時代に誕生したのが資本主義経済です。

生産をフル稼働させることで経済発展を促進してきましたが、物が溢れ、余るようになった現代においては、時代に合わない経済システムとなってきています。

私たちは生まれた時から資本主義の中で育っているので当たり前のように感じますが、資本主義は所詮一つの経済システムにすぎず、所得格差を生み出すデメリットが懸念されています。

「これからの経済とはどのようなものか?」を考えた時、考えるポイントを与えてくれるのが「お金2.0」です。

書籍の中で著者の佐藤航陽氏は、これからは可視化された「資本」が中心の世界ではなく、資本に変換されるまえの「価値」を中心とした「価値主義」の時代になると推測しています。

お金とは、価値を資本主義の中で使える形に変換しただけの、価値を媒介する選択肢の一つに過ぎないことを喝破していることも特徴的です。

キャッシュレス化が進む中、紙幣・硬貨はただの道具(ツール)であると考えています。

お金2.0を読んで改めてお金=道具に過ぎないという実感が深まりました。

「ベーシックインカム」が導入されれば、現状の「お金」の魅力は失われる可能性が高いです。

新しい経済システムの可能性

「お金2.0」おいて、経済システムとは人間が関わる物事を上手く回すための仕組みと定義されています。

完璧な経済システムは存在せず、1つの経済システムが限界を迎えると、別のシステムにシフトする事が持続的に経済が発展する条件と言われています。

別のシステムに移行する可能性を見出してきたのが、完全に分散した経済システムをもつビットコイン、ブロックチェーンなどです。

一見すると新しい技術の成果のように見えますが、お金の形が変化したものですね。

既存の経済システムは中央集権型の構造を有していますが、現代に適合しているのは分散化するモデルと言えるでしょう。

今後は、AI技術に伴う自動化が進み分散化と合わさった”自立分散する仕組み”を構築することが次世代の成功モデルになっていくと考えられます。

価値を上げるために働く

これからのは、個人の価値を見いだす事が発展の条件となりつつあります。

価値がある人ならば、どんな経済システムを選んでも対応する事ができるので、既存の企業単位で行っていたブランディングや事業戦略を個人レベルで行える可能性があります。

といっても、難しく考える必要もありません。

あなたが他人に価値を提供できるほど情熱を傾けられることを見つけ、伸ばしていくこと。そして、それを発信すればよいのです。

あなたのスタイルを確立し、発信を続ければ、いずれ熱狂的なファンが付きますし、競争相手すらいません。

自分にしかない価値を他者に提供できるレベルにまで伸ばすし、”個”を発信する時代になってきていると言えます。

スポンサーリンク


まとめ

資本主義経済の限界が見え始め、価値主義に移行しつつあります。

新しい経済システムが複数誕生し、並存する多様性(ダイバーシティー)の現代において、価値主義は、これまでお金に直接繋がらなかったことが、莫大なお金を生み出す可能性を秘めています。

企業に頼らなくても、個人の価値を上げていく事で大きな成果を生み出し、成功者の仲間入りを果たせる事となるでしょう。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期