インプットとアウトプットでビジネスに差をつける

日本人の多くは、勤勉で向上心が強いので、たんさんのインプットを行いますが、

自分の中に知識・知恵を貯めておくだけでは実生活においてなんの役にも立たず、特にビジネスにおいては、インプットよりもアウトプットの方がはるかに重要です。

実際、ビジネスで成功を納めている人は、アウトプットが非常に上手く、インプットとアウトプットを繰り返し行う事で成功を手にいれています。

そこで、アウトプットがなぜそんなに重要性が高いのかを整理してみましょう。

スポンサーリンク


アウトプットとは?

英語でoutput(アウトプット)は「出力」という意味ですが、
ビジネスにおいての、“アウトプット”は「経験、学習したことを元に、収めることのできた実績や成功、成果」という意味で使われています。

逆に“インプット”は「成果に繋げるための勉強、経験」という意味で使われています。

脳科学で代表的な人物の茂木健一郎さんは、“アウトプット”と“インプット”についてこのように述べています。
”脳にとっては、言語も一つの運動です。とにかく一度出力しないことには、自分が本当に考えていることや、潜在的な可能性も見えてきません。
情報のインプットとともに、アウトプットも恒常的に行わないことには、その考えが真に自分のものとなることはないのです”

つまり、インプットをどれだけ行っても本質的なものは見えず、インプットとアウトプットの両方を行う事で事情の本質を理解する事ができ、本当の意味で知識を自分の物に出来る。と解釈しても良いかもしれません。

アウトプットを行う事の重要性は理解してもらたかと思いますが、具体的なメリットはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

アウトプットする事がインプットになる

アウトプットがインプット?となるかもしれませんが、これから具体的に説明しますね。

新しい知識を得る。(インプット)

そして、得た知識を元に行動する。(アウトプット)

行動した事によって見えてきた反省点・改善点を学びます。(インプット)

つまり、アウトプットからの反省と行動が、インプットに直結するということです。

トライ&エラーを繰り返し行う。というのがまさにアウトプットがインプットになっている状態です。

ちなみにここへ「計画」・「評価」を加えた物がPDCAとなります。

人に伝える力が身につく

アウトプットの方法して”人に伝える”というのがあります。

あなたが持っている情報・知識を人に伝える時には、簡潔でわかりやすいように心がけると思います。

教科書を読むように長々と話をするものアウトプットになりますが、時間もかかるし、結局なにが言いたのか相手に伝わらない場合もあります。話が長い人・面臭い人という好ましくないレッテルを貼られるかもしれません。

ビジネスにおいてはあなたの評価が下がってしまうリスクになります。

したがって、簡潔に伝える時には「どのように伝えたらよいか?」という事を考えなければなりません。

この考える事で、情報・知識が整理され、伝えたい事が明確になっていきます。

「教うるは学ぶの半ば」という、ことわざがありますが、人に伝えるアウトプットはこの言葉通りで、人に何かを教えるときは、半分は自分にとっての勉強にもなる。ということです。

理解度が深まる

アウトプットを行うには、インプットして蓄えた情報や経験を自然と復習している事になるため、繰り返し行う事で、より洗練されていきます。つまりアウトプットを行う前の状態よりも理解度は深まります。

スポンサーリンク


あなたの評価が上がる

アウトプットを繰り返し行っていると、必然的にあなたは”意見や結果を多く捻出する人”と認識されていきます。
つまり、あなたの発言が多くなり、周囲への影響力も大きくなっていきます。

仮に間違った情報を伝えてしまったとしても、トライ&エラーを繰り返しているので、間違いをすぐに認めることもできる人間になっていることでしょう。

それにより、人間力も上がるため、発言力と共にあなたの評価も上がります。

このように、成功の階段を登るうえでアウトプットは欠かせないパーツとなります。

ですのでアウトプットを積極的に行い充実したビジネスライフを手に入れましょう。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期