空前絶後のインドアクション映画がドエラいことになってる!

その名も『バーフバリ 王の凱旋』。まずは予告編を

どうでしょう!

またまた来ました!インド映画!

インド映画といえば、「きっとうまくいく」「PK」「マダムインニューヨーク」など

口コミで広がる映画が数年に一回あり、そのどれもが大ブームを巻き起こします。

それが今年も来ました!

今注目!「バーフバリ 王の凱旋」とは。

インド歴代興行収入で圧倒的No.1の記録を叩き出し、全米週末興行収入ランキングで初登場第3位を飾り、2017年の映画シーンを締めくくる12月29日に日本公開。

壮大すぎるスケールと豪快すぎるアクション、そして濃密すぎるストーリーが病みつきになるこのアクション・エンターテインメント!

とんでもないスケールで桁外れに面白いです。

内容は

大勢の兵士たちに追われ、滝へ追い詰められた老女。胸に抱いた赤ん坊を救うため、老女は自らの命を犠牲にするが、赤ん坊は村人に拾われ助かった。シバドゥと名付けられ勇ましい青年へと成長した彼は、巨大な滝の上の世界に興味を持ち始める。そしてある日遂に滝上へとたどりり着き、美しい女戦士アヴァンティカと出会い恋に落ちる。彼女の一族は暴君バラーラデーヴァが統治する王国と戦いを続けており、それを知ったシバドゥは自ら戦士となって王国へ乗り込んでゆく。そこで彼は、25年間幽閉されている実の母の存在と、自分がこの国の王位継承者であったことを知る。
背景には、50年前に祖父が建国した王国の国家存亡の危機と国を揺るがす王位継承争いという因縁の歴史があった。バーフバリを待ち受ける運命とはー!

スタッフには、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「キングコング 髑髏島の巨神」も手掛けたVFXスタッフ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ジョン・ウィック チャプター2」にも参戦したアクション・チームの力も得ています。

数奇な運命に導かれた伝説の戦士バーフバリ、実は、、

実はこの映画二作目です。

そう、王の凱旋は完結編になっており、ぜひ一作目の「バーフバリ 伝説誕生」を観てから

本作を観て欲しいのですが、

今調べたところ、ダイジェスト編が公式に発表されていたので、

忙しい、今すぐ本作を観たいという方はまずはこちらを。

前作はDVD、ブルーレイにもなっているので、全部観たい方は

ぜひそちらでご覧ください。

色々ランキングを観て、どの映画にしようかなと探している方へ

12月に公開され、じわじわと来ている映画です。

人気が人気で、東京のピカデリーで絶叫上映が企画されましたが、すぐ完売。

MOVIX堺では、爆音映画祭で作品を丸ごと通して観れますので、

一日バーフバリを堪能できます。

6月には漫画化も決定しました。幻冬舎コミックスより発売されます。

あまりごちゃごちゃ言いません。

「この“ケタ外れに面白い”作品、俺たち映画ファンが激オシせずどうする!?」

と言われている映画です。

他の映画で迷うならこれを観ましょう!

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期