グラブルに新限定SSRブローディア登場

新限定SSRブローディアが登場!

4月17日19時からのグランデフェスから新限定SSRのブローディアの追加が決定しました。

これまではSSR召喚石にはゴッドガードブローディアや、高難度HLのボスとしてゴブロが登場していましたが、遂にプレイアブル化されました。

召喚石では破格の能力を持ちガチャの天井300連では交換出来ず、入手方法はガチャで自引きをするかSSRかぶりを150回こなすと手に入るシェロチケでのみ入手可能だったので、今回もキャラにもかなりの期待ができます。

ブローディアの能力

今回追加されるブローディアは土属性SSRで、召喚石になっていた枠なので種族は星晶獣です。得意武器は剣なので、ユグ剣を採用しやすい土属性ととても相性のいいキャラクターです。

1アビの不可侵領域はリキャスト7で70%のダメージカット能力です。レベル55でリキャストが6ターンになるので、ファランクスと同じ効果と言えます。

2アビのニーベルン・シルトでは敵全体への土属性ダメージと被ダメージ1回無効、弱体効果無効がつきます。リキャストは14ターンと長いですが、レベル75で1ターン短縮できます。

このニーベルン・シルトは敵全体へのダメージソースにもなりますが、無敵と弱体無効のマウントがかなり強力なアビリティです。

土属性にマウントを扱えるキャラはアルルメイヤなどがいますが、無敵効果を持っているキャラがいないのと、攻撃までこなすブローディアは破格の能力です。

3アビのラーグルフはランダムに6回土属性ダメージと、刃鏡を1つ展開します。7ターンごとにアビリティを打つことが出来ます。

この刃鏡はブローディア専用の固有アビリティで使用すると累積されていき、最大で5つまで展開させることが出来ます。

刃鏡の数に応じてブローディアの能力が強化されていき、奥義やアビリティが強力になっていきます。

奥義は刃鏡螺旋で特大の土属性ダメージ、敵の強化効果を1つ消去、刀鏡を1つ展開します。

刃鏡5つを展開して戦うために、3アビと奥義を合わせて積極的に強化していきたい能力です。さらに、相手へのディスペルでより有利な戦闘を可能にします。

サポアビ1の刃鏡展開では、ブローディアが展開している刃鏡の数に応じて攻防UP/奥義ダメージUPさせることができます。

サポアビ2の神威の守護者では、味方全体に使用される土属性攻撃UP効果がより強化されます。

こちらさブローディアだけではなく、編成に全体土属性UPキャラを組み込むことでさらに火力をあげることが出来るので、残りの2キャラも考えて編成するべきです。

ブローディアはリセマラで当たり?

ブローディアはリセマラで大当たりです!フェス限定のキャラになるので入手するタイミングは限られていますが、土属性の環境キャラになる可能性が高いです。

最近では新武器の追加や奥義のダメージ上限が上がったことにより、土属性は1度の奥義で大ダメージを与えることが出来ます。

その際にブローディアの全体攻撃アップ能力が全員に乗ることにより、さらなる高火力を期待することが出来ます。

今回のブローディアは防御としてかなりの性能ですが、攻撃にも参加出来る点と、サポート性能でもリキャストの長さを除けば非の打ち所のない能力です。

このブローディアが当たれば防御役としてキャラクターが揃うまではどの属性でも出張させられる能力です。土にはサラなどの防御タイプがいるので、細かく防御したい時にはサラ、他の能力も使いたい時はブローディアと使い分けができます。

主人公にファランクスを任せなくていいので、ジョブの幅が広がるのも使っていて飽きないポイントですね。

土は剣と相性がいいので、ぜひリセマラでブローディアが当たった時にはゲームをスタートさせてください!

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期