ロンドンの観光地でおすすめマーケット5選!

イギリス、ロンドンに観光に来ると行きたい場所の中にマーケットが入ってくる人も多いはず!

日本のマーケット(市場)と違ってお洒落で、活気がある!そんな雰囲気を楽しみたい方にはうってつけです。ロンドンの中でもおすすめマーケットを紹介します。

スポンサーリンク


ノッティングヒルの恋人のロケ地!ポートベローマーケット!

映画好きの人なら、一度は見たことはある映画ノッティングヒルの恋人。

その舞台となっているのがこの、ポートベローマーケットなのです。ロンドン最大級と言われる全長約1kmもの巨大マーケット。

南から入っていくとまずはアンティークの食器や家具、雑貨などのお店が建ち並びます。ちょっとした小物であったり、お土産も売っています。

その通りを過ぎると、八百屋や魚屋、花屋さんなど日本でも見られる様なお店が。

ただ、フルーツや野菜がとてもカラフルで目を彩らせます。中にはパン屋さんもあるので、間食にはもってこいです。そして、さらに進んでいくと、洋服や雑貨などのお店が広がり、最後に世界各国の料理が揃う屋台が広がります。

ヨーロッパ各種料理やアジア系のご飯、麺類なども数多くあります。ロンドンという世界各国から色々な人達が集まるからこそ出来るマーケットです。

その中でもイチオシがホットドック!ドイツのソーセージの種類や辛さを選ぶことが出来ます。たくさん入ったキャベツに揚げたガーリックがたくさん乗っています。ソーセージの食べ応えはなんとも言えない!もちろん、甘いケーキもありますよ!

ロンドンのロックに触れることができるマーケット!カムデン

ロンドンと言えばロックミュージック!ビートルズやオアシスなど、有名アーティストがイギリスでは誕生しました。

そんなロンドンでロックな場所と言えば、カムデン!!巨大なマーケットを遮るように川が流れており、ちょっと情緒を感じてしまいます。

駅を降りてすぐにお土産屋さんや雑貨などのお店が建ち並びます。売ってるお土産もロック調の服であったり、音楽が流れてたりと賑やかです。

そして北へ進んでいくとマーケットが広がります。古着やパンクテイストの服が売っていたり、とても個性的です。

さらに進んでいくと屋台が建ち並びます。ここでも世界各国の料理が食べられるので、空腹を癒してくれます。

おすすめはチュロス!砂糖をまぶしたチュロスの中に、甘いチョコレートを入れてくれます。想像以上に甘くてうまい!日本ではちょっと罪悪感さえ覚えそうな甘さです。

屋台を奥に進んでいくと、雑貨屋や服のお店が建ち並びます。そしてさらに屋台が。川を眺めながら食事も出来ます。ボートに乗って、ロンドン散策もできカムデンマーケットを思う存分堪能できるでしょう。

スポンサーリンク


ロンドンの台所!観光、食事を楽しみたいならバラマーケット!

イギリスで食事はちょっと期待できないな~そう思う人も多いでしょう。しかし、このバラマーケットではその期待を覆すことができますよ!ロンドンブリッジからそう離れていない位置に、バラマーケットはあります。鉄橋のしたにたたずむマーケットは、良い雰囲気を醸し出しています。

他のマーケットは雑貨や服などを扱っていますが、ここは食べ物メイン!空腹にして参りましょう!まず、八百屋や果物屋、そしてチーズのお店が建ち並びます。

イギリスのチーズってそんなに有名?と思う人もいますが、チェダーチーズはイギリスが発祥です。味見をしながら、お土産散策もできます。

そして、パンやケーキなども豊富に取りそろえているため、どれにするか迷ってしまいます。もちろん一番奥には屋台もあり、結果食べ過ぎてしまうってことも・・・。

このマーケットはオーガニックで有名なので、こだわりがある方にもお土産で持って帰ることが出来ます。木金土の3日間がメインなので、訪問時の曜日は注意が必要!

ロンドンの観光スポット、コベントガーデン

駅を出ると古いけどイギリスらしい建物が並ぶ中、存在感たっぷりのマーケットがあります。周囲には有名ブランドのお店が建ち並び、かわいい雑貨などが並んでいます。お洒落で自分のお土産に買っていきたい!そう思わせてくれるような手作りの一品が数々あります。

アーケード内ではレストラン、カフェがあり天気の良い日にはテラス席でのんびりすることも出来ます。時に、パントマイムや音楽の演奏などのストリート系のエンターテイメントも楽しむことが出来ます。

南にも同様にマーケットがあり、こちらの方はリーズナブルでお土産にしたいと思う物もあるかも。おすすめはロンドンの切り紙です。ポストカードになっていて、開くとロンドンの町並みが出てくるという、おしゃれでお土産に最適です。

スポンサーリンク


ロンドンで穴場中の穴場マーケット!デホードマーケット

場所はナショナルレイルのデホード駅、またはピカデリーサーカスから453のバスに乗って終点の場所デホード。

このマーケットは地元民しか行かないであろう、穴場のマーケットです。基本的に毎日マーケットはあり、上記で紹介したマーケットと違うのはフリーマーケットのような下町感のあるマーケットなのです。

歩くと服、野菜などが売られており、ちょっと道を入ると「これ売り物?」と思ってしまうようなガラクタが配置されています。ただ!そんなところに、この値段でこれを?と思ってしまう一品が眠っていたりするのです!

周囲はローカルなので、ほとんど日本人に会うことはありません。ちょっとコアなとこのマーケットに行きたい人にはおすすめです。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期