2018GWオススメ女性ひとり旅バリ島へ!

女性が一人旅でも安心して旅行に行けるバリ島。
GWにどこに行こうかと思っているかたにも3泊5日で行けるバリ島をご紹介
暖かな気候が心も身体も癒してくれ、そしてバリ島の人々の優しを感じることができる。
そんな素敵なバリ島にいってみませんか。

スポンサーリンク


GWのバリ島は乾季・・・

日本からバリ島までは、約7時間。時差は1時間。 GWの時期は、バリ島の一番いいときともいわれる乾季。

バリ島雨季(11月から3月)と乾季(4月から10月)にわかれています。でも雨季は日本の梅雨のように1日中雨ではなく、スコールのように短時間だけ。

乾季は、日差しが強く、南国を感じることができます。木陰は涼しくとっても過ごしやすく、肌寒く感じることも。
きれいな夕陽をながめ、あたたかな気候で癒されてみてください。

女性一人旅でも安心な旅にするために・・・

旅行にいって治安は気になりますよね!?

バリ島では、日本人の女性が歩いていたら、日本語で声をかけてくる人が本当に多いです。
いわゆるナンパです。
日本語だからと少し安心してしまいがちですが、必要ないことであれば、しっかり「NO」という意思表示をしていたら大丈夫。
あいまいな返事が一番よくないのです。あいまいな返事はときには、相手には「YES」になります。
気をつけなければいけないことは、日本にいるときと変わらない。知らない人についていかないとか・・カバンのひったくりに注意とか・・・夜遅くにでかけないとか当たり前のことです。

はじめてのバリ島であれば、ホテルはしっかりとしたホテルに宿泊すること。

そして、まずは多少の高くても旅行会社のガイドを頼むことです。道端にいて声をかけてくるようなガイドは、いいガイドもいれば、高い店ばかり案内するガイドもいます。
日本人が日本人をだますということもありますので、気をつけてくださいね。実際に、スミニャックで日本人に声をかけられ、日本人だから大丈夫だと思って一緒にいったら、高額な店に連れていかれたということが多くなります。ガイドだと紹介されたのは、その方の旦那さんでした。

疑っていては楽しい旅行にはなりませんが、だまされないためにも注意してくださいね。
世界で一番だまされるのは日本人だそうです。「NO」と言えない人が多いからだましやすいのが日本人です。

一人でも楽しめるバリ島

一人旅だからこそ、自分のみたいもの、したいことができます。
好きな時間に好きなことができるのが一人旅。
観光も買い物も、アクティビティもエステもなんでもできるのがバリ島。
料理が好きな方は、バリ料理、舞踊を習う方もいます。

そして、ヨガ。バリ島は島全体にパワーがあるといわれているので、ヨガや、ヒーリングをしている方もたくさん。送迎がついているものがたくさんあるので、一人旅でも体験できます。

バリ島のコンビニ、レストランには、情報誌があり、バリ島についてからも予約可能です。
日本からアクティビティなど専門の予約サイトもあります。

一人だからさみしいかなと思われますが、日本語を話すフレンドリーな人が多いので、いろんなことを聞け、楽しい時間にもなります。

スポンサーリンク


女性だからこそ楽しめるバリ島

バリ島は、心と身体を癒し、女性の内面の美を追求できる島だと思います。

バリ島のエステは、王族から伝わったもの、そして、バリ島の食事は、体の内面を健康にするもの。島全体からのパワーを感じ、人としてのエネルギーを感じます。

人の本来の優しさ、笑顔を見ることができます。
一人旅だからこそ、自分らしく楽しい時間を過ごせることができる島、バリ島です。

はじめての一人旅、バリ島でしてみませんか?

バリ島は一人旅をまたしたくなる島です。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期