ロンドン観光地おすすめランキング!ハリーポッターファン必見!!

ロンドンは世界でも有数の観光地です。ちょっと長めに滞在する人はロンドン以外の街に行ってみたいなと思う人も多いはずです。日帰りでイギリス国内を散策したい。そんなロンドンから数時間で行ける、近郊の街を紹介します。

イギリスの大学と言えばここ、オックスフォード

オックスフォード大学と言えば、誰もが聞いたことのあるイギリスで最も有名な大学でしょう。オックスフォードはそこまで大きな街ではありません。

ロンドンから電車で約一時間ほどで到着します。駅からセンターまでは少し距離がありますが歩けない距離ではありません。

駅から歩いて行くと、徐々にお店が増えてきて活気がみなぎってきます。東に歩いて行くと、たくさんのカレッジが見えてきます。

その中でも一番のおすすめはクライシストチャーチ。

ここはハリーポッターを見たことある人はわかりますが、映画の撮影場所ともなりました。ファンの人にはたまらない場所ですが、知らなくてももちろん楽しむことができます。

イギリスの古いものを大切にする精神が沢山詰まっている場所です。日本では見ることが出来ない、イギリスの大学の良さを見ることができます。

大学なので、図書館や博物館などもあり観光も盛んです。ただし、学期中で授業などの時には使用や見学が制限されることもあります。お土産のオススメとしてはオックスフォードと書いたパーカーです。ちょっとお洒落でかわいいです。

イギリス第二の学生の街ケンブリッジ

オックスフォード大学も有名ですが、もう一つのイギリスで有名な大学と言えばケンブリッジです。イギリスでは大学がとても大きいですが、街自体はそこまで大きくないので半日もあれば回ることができます。

ロンドンからはKings Cross駅から電車で1時間程度で到着します。大学の建物などを楽しむことができます。

ケンブリッジの良いところは、学生の街でありのどかなのです。たくさんの自然に囲まれて、学生達は勉学に勤しんでいるのです。ロンドンの賑やかな場所から少し行くだけで、心も体もリフレッシュできる、そんな街の1つです。

世界遺産のストーンヘンジ

イギリスで世界遺産を見に行きたいというと、ストーンヘンジがあります。何のために建設されたのか未だに分かっていない、不思議な所です。

そんなミステリアスな場所へは電車で行くことができますが、さらにバスに乗り換える必要があるので少し分かりづらいです。初心者の方は現地のツアーも豊富にあるため、ツアーで行くのがおすすめです。到着して何も無いなかに、ストーンヘンジが見えてきます。

「え?これだけ?」とちょっと巷ではがっかりスポット、と言われることもありますが、世界有数のパワースポットということもあり、パワーをもらって帰って来る人も数多いです。買ったばかりのパワーストーンのブレスレットが切れてしまったという、観光の人もいました。

たくさんのパワーをもらえるかもしれません。

スポンサーリンク


ロンドンに次ぐ観光地バース

Paddington駅から1時間半で到着するバース。

ここはロンドンの次に人気の観光地です。バースという地名で分かるかもしれませんが、お風呂の発祥の地として有名です。バース市街地全体が世界遺産となっているので、町並み散策をする観光客で毎日賑わっています。

その中でもローマ大浴場が有名です。

建物の中に大きな大浴場があり、観光スポットとして一番の人気です。ここで入浴ができる!と思ったのですが、世界遺産でもあるため見ることしかできないのが残念です。バースでお風呂、日本人ならちょっと長旅で疲れた身体を癒したい。そう思う人も少なく無いはずです。サーメバーススパという温泉施設があるので、そこで一日過ごすのもオススメです。

ただし、日本と違ってお風呂というよりも、プールの方が近く水着は必須です。ちょっと、イギリスの天然温泉を味わってみたい人にはオススメのスポットです。

スポンサーリンク


くまのプーさんの舞台となったハートフィールド

先述で紹介した4つのスポットよりも少しマイナーで、でも好きな人にはたまらない所です。

ハートフィールドはくまのプーさんの作者が住んでいた村です。そのため、プーさんの舞台となったいくつも場所があります。

まず、ロンドンからはvictoria駅から電車で1時間弱、East Grinstead駅まで行きます。そして駅前から291番のバスに乗って30分ほどでプーコーナーというお店が見えてきます。まずそこでプーさんの橋に行く地図をゲットしましょう。

地図は英語版と日本語版があり、50pで販売されています。そのお店だけを訪問するのであれば、お土産をじっくり見る、またそこのカフェで腹ごしらえをするのもいいでしょう。

でも、せっかく来たのであれば地図をゲットして、プーの橋へ向かいましょう。お店からは徒歩40分ほど静かな森の中を歩きます。途中でプーの橋と日本語で書いてあるところもあるので、日本人が訪れることも多いのでしょう。

橋の奥にはプーさんの舞台となった森が広がります。この橋を訪れるには天気が重要です。私が行ったときには雨が止んでいたのですが、ぬかるみがひどくて森を歩くのが大変でした。動きやすい格好で汚れても大丈夫な靴で行くことをオススメします。

スポンサーリンク
モテ期