勉強のやる気を出す暗記方法!エビングハウスの忘却曲線とは!?

社会人になってからは、学生時代のように「復習」をする事がすくなったのではないでしょうか?しかし、社会人として、やっておくべき「復習」があります。それが「復習曲線」です。

ビジネスにおいて人脈は成功への鍵になります。

ですが、信頼関係の構築を焦るのはよろしくありません。信頼関係を構築するには時間をかけてでもしっかりとした関係を築く方が賢いと言えるでしょう。

その時に役立つのが「復習曲線」。”単純接触効果”とあわせることで、あなたの印象をグッと高めることが可能になります。

スポンサーリンク


「復習曲線」とは?

復習曲線とは、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが発表した「エビングハウスの忘却曲線」のことです。エビングハウスは研究によって、時間と記憶保持率の関係が曲線で証明できることを明らかにしました。具体的に言うと「人は何かを学んだ時、20分後には42%忘れ、1時間後には56%忘れる。9時間後では64%忘れ、1日後には67%忘れる」とされ、31日経つと79%忘れてしまうことが明らかになっています。

この忘却曲線により、効率の良い復習のタイミングが判明した!ということですね。

受験勉強や資格試験の勉強の場合は忘却曲線に基づき、理想的な復習のタイミングは、1回目が翌日、2回目が1週間後、3回目が2週間後で4回目が1ヵ月後とされています。さらに5回目として2ヵ月後復習するとより記憶の定着に繋がります。人間は忘れる生き物ですが、何度も記憶を繰り返すことで、記憶は強化されます。

単純接触効果とは?

広告業界などが古くから使う手法で、単純接触効果と呼ばれるものがあります。例え興味のないものでも、何度も見たり聞いたりすることで好意的な感情になっていくという効果です。CMが典型的ですよね。あなたもつい口づさんでしまうCMのセリフってありませんか?

広告業界は単純接触効果を最大限に活かして利益をあげています。

単純接触効果は、広告だけでなく「人間関係」においても、その効果を発揮します。

「復習曲線」と「単純接触効果」を組み合わせてビジネスに活用する

復習曲線も単純接触効果も、一見すると個人のビジネスには関係なさそうにみえますが、実は組み合わせることで人脈づくりに活かす事ができます。

人間は24時間経つと67%もの出来事を忘れてしまう生き物なので、例えば初めて会った人の場合、翌日にはすでに忘れられている可能性が高いと言えます。

しかし逆に考えれば、24時間以内に何かしらのアクションを起こすだけで、忘れられずに覚えてもらえる可能性が高まると思いませんか?

例えばメールが手軽な連絡手段です。初対面で名刺交換をしたら、相手のメールアドレスが記載されている場合がほとんどだと思います。

24時間以内にお礼などのメールを送信するだけで、相手の記憶に残ることが可能だと言えます。早ければ早いほどより好印象を与えられるので、すごく効果的と言えます。

顧客フォローにも使えるテクニックで、”初めて会った人でも、すぐにお礼メールが来て、さらに1週間後にも連絡が来ていたら好印象につながります”。

反対に初対面から何の音沙汰もなくいきなり1ヶ月後に連絡が来た場合、あなただったらどう思うでしょうか?好印象どころか、「この人誰だったかな?」と覚えていない可能性は高くありませんか?

単純接触効果は、会う・連絡の頻度を上げれば得られる効果です。初対面から1ヶ月以内に、適度に連絡を入れるだけで、良い印象が残り信頼関係の構築がスムーズになる可能性が高いです。

復習曲線と単純接触効果を理解することはビジネスにおいて、大きな武器になります。好印象を与え良好な信頼関係を築くことが、成功への近道と言えるでしょう。

スポンサーリンク
モテ期