地頭力とは何か?地頭力の鍛え方 おすすめ3選!!

最近話題の”地頭力”は現代のビジネスにおいてビジネスシーンでは必要不可欠なものとなりつつあります。

地頭力を鍛えれば、あらゆる場面で能力を発揮できるので間違いなく、あなたの武器になります。

スポンサーリンク


そもそも「地頭力」とは?

「地頭力」という言葉のはっきりとした定義は、決まっていません。人によって使い方は様々ですが、共通して言える部分は「地頭力=勉強が出来る」ではないこと。

頭が良いというよりは”頭の回転が早い・機転が利く”こういった意味で使われる事が多いです。

私の解釈としては、「地頭力=考える能力が高い」といった意味合いで使う事がよくあります。

ビジネスでは”常に考える人”が成功のチャンスをつかむ事ができます。

そこで地頭が良いと感じられる事柄を3つに分類してみました。

3つ全ての特徴を兼ね備えれば素晴らしいですが、今あるスキルを特化させるという発想もあるので、地頭力(柔軟な思考)を意識しながら見ていきましょう。

対応能力が高い

問題が発生した時や思わぬ事態が起こった時の対応・適応能力が高い。

いわゆる”機転が利く”というやつです。

状況を正確に把握する速さ・対応策を考える速さが早いのが特徴です。

臨機応変な対応は、業務経験が長ければ出来るようになりますが、常に思考を巡らす事で

より正確に、より早く対応できるようになります。

推理力が高い

推理力は論理的な考えですので、勘やひらめきとは違います。

知識や経験に基づいて、理論的に仮説を立てる。ということが推理力です。

絶対的な知識量が必要なので、頭がいいと表現される部分は推理力なのかもしれません。

理解力が高い

人の話や物事の本質を理解するのが早いとう特徴。

「要するに…」「つまり…」というワードをよく使う人は、要点を的確に理解し要約するのが得意です。

新たな知識が増える時に、1つの事柄から頭の中で”関連付け”も同時に行っているので、視野が広く柔軟な発想力に繋がります。

地頭力の鍛え方

地頭力の鍛え方 1、たくさんの人と話す

人と会話をする事で、話の本質を把握する力、それを理解する力が鍛えられます。

また、話しをする事がアウトプットにもなるので理解力が高まり、繰り返し行う事で記憶の定着率が高まります。

地頭力の鍛え方 2、常に考える

頭の回転が早くしたい時は、”とにかく考える”しかありません。

「もし・・・。」といったように想像を働かす方法もあれば、物事を違う角度から見てみる。

という方法もあります。ディベードなんかもすごく有効ですね!

つまり、様々な仮説を立て、一つ一つを検証し、選択する。というような事を繰り返し行うことで”常に考える”習慣をつけると良いですね。

地頭力の鍛え方 3、わかりやすく説明する

人と話す。というのに近いですが、相手にしっかりと理解してもらうためにはどのように説明すればわかりやすいか?という事を考えるのです。

ネットでもよく見かける。サルワカ(サルでもわかるように説明する)というやつです。

人は自分の持っていない情報・知識を得る時、混乱します。

「なんだかよくわからない」というのは、理解が追いつかず混乱しているの状態なのです。

ですから、1つ1つ順をおって丁寧に説明し、難しい用語を使わないように、言葉だけに頼らず、ジェスチャーも織り交ぜながら話す事で相手の理解力を高めます。

また、誰にでも理解出来るように説明する。というのは、やってみると非常に難しいです。

それは、話の中で自分もよく理解できていない部分があるからです。

よく使う用語だけど、正確な意味を把握していない。ということが多々あります(私の事です…)

つまり人に説明する前に、自分自身が100%理解していないと、説明できないのです。

人にわかりやすく説明する事を心がけると、自分もより理解が深まります。

いかがでしたか?どれの特徴も「これができる人は頭が良いと思う。」といった内容ではなかったでしょうか?

しかし、地頭力はIQとは違い鍛える事ができます。

地頭を鍛える事で、あなたの評価があがり成功へ向けて一気に加速する事ができるでしょう。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期