仕事の人間関係の悩みをリセットしたいあなた

何か新しいことに挑戦して自分を変えたい!
そう思ってるけど、いざ挑戦しようとすると、

お金がないとか忙しいとか・・・
またそれ以外で大小様々なトラブルが起こったり、
外部的な要因で思うようにできないことがありませんか?

挑戦してる最中でもそうなってしまう場合もあります。
けどこれにはそうなってしまう原因がちゃんとあるんです。

スポンサーリンク


それは「足し算」

今の生活に新しいことをプラスしていけば、
当然、生活が窮屈になるのは目に見えています。

また足し算の思考だと上手くいかないことが続いた時、
不安に負けてあれもこれもと手を出してしまいます。
いろんなことに目移りして欲張ってしまうことで、
余計に頑張らなくてはいけなくなって失敗します。
できるはずの事すらできなくなってしまうのです。

これはシンプルに考えることとは真逆の発想で、複雑に考えてしまうから不安が大きくなってしまい、結果として複雑な思考が複雑な行動を招くスパイラルになっているのです。

つまり、行動=思考なのです。

なので、手っ取り早くシンプル思考になりたいなら、
部屋の物を思い切って断捨離してみることをお勧めします。
視覚的に余計な情報が入らないので自然とそうなります。
よく物がない状態が落ち着かないという人がいます。
それは、余計な物のせいで自分の本音に気付けないのです。
大成功をおさめている人って部屋はすごく広いのに、ものは全然置いてない。というイメージがありませんか?

仕事でも、なぜ今、好きでもない仕事を我慢してやるのか。
余計な思考が邪魔をして自分の本質が見えなくなります。

シンプルに考える事で仕事も人間関係も上手くいきます。

このページの目次 [目次を表示させる]

シンプルに考える事と潜在意識

思考は現実化するという言葉があります。
これは事実であり、実際に誰もがそうだと思います。
しかし、望んでることが実現できない人も多いのではないでしょうか。

その原因は自分の中で止めているものがあるから。

あなたは本当に実現したいですか?と問われると、
必ず心のどこかで引っ掛かるものがあるはずです。
それがまさしく自分の中で止めているものの正体です。

こういった場面でもシンプルに考えることが重要です。
なぜなら上手くいかなくて考え過ぎてしまうからです。
そこで心の中で引っ掛かっているという部分に集中し、
どうすれば止めているものを外せるか?に注目してみましょう。

普通は上手くいかないことが起こると、
どうしたら解決することができるかと考えます。
けれど、その前に止めているものは”何か”を知る必要があります。
それを理解すれば、解決に至るまでが非常にスムーズになります。

決断力がある人は「引き算」が上手

人生で成功している人ほど、
一つひとつの決断がどっちに転ぶか分からない・・・
そんなプレッシャーの中で行動してたりします。
そしていかなる時も確実に結果も出し続けなければいけません。
このような人達に共通して言えることは、

物事をシンプルに考えるための「引き算」をしています。

これは大事なことは意外と少ないという考えで、
まず何を捨てるべきか?が先に考えます。

必要な物を考えるのではなく、不要な物を先に捨ててしまうのです。

これは「8対2の法則」にも当てはまりますね。
やるべきことの2割が最も大切だという考えです。
8割を捨てて2割に集中すればシンプルに考える事ができるようになります。
別名で「パレートの法則」と言われる有名な法則ですが、
あれもこれもやらないといけないという混乱状態から、
抜け出すことができる考え方でもあります。

引き算で考えると仕事も人間関係もすごく楽になります。
”悩みの原因は考え過ぎてしまう事”ですから、シンプル思考とは無縁のものとなるからです。
悩みがない状態は、そのことに深く考え過ぎません。
どちらかというと分かっているから行動するだけです。

できない事にフォーカスしてしまう場合、
それは今までの考え方に執着しているからではないでしょうか。
シンプルに考える為には、「まず何を捨てるべきか?」と考える事で執着を手放すことができます。

もし止めてみたら、もし捨ててみたら、
それによって良くなることは何でしょう?

今あなたが望む人生に変えていくために、
まず、何を捨てる必要があるのでしょうか?
もし何でも達成することが可能だとしたら、
あなたは何を選択して勝負したいと思いますか?

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期