失敗談から学び成功を収める為の心構え!失敗の本質を知る!

どんなに優れた能力を持つ人でも、必ず多くの失敗をしています。

史上最高の天才といわれているジョン・フォン・ノイマン(コンピューターを作った人物)も、

天才数学者といわれているエヴァリスト・ガロアも、レオナルド・ダヴィンチやアルバート・アインシュタインでさえも、数え切れないほどの失敗を重ねています。

ちなみに、この4人の天才たちの中でアルバート・アインシュタインが最もIQが低いと言われているので、天才のレベルの凄さが伺えます。

そして、この天才達は数々の失敗から多くを学び、ほんの一握りの大成功を収めた事により、後世語り継がれています。

そこで、失敗を放置せずそれを活かし学びに変えれる方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


失敗を受け入れる

失敗すると、なにかのせいにしたり、自分ではない誰かのせいにしたくなりますが、

失敗を受け入れる事で、なにがいけなかったのか?どうすればもっとうまくいったのか?を考える事ができます。

この検討をしないと次のステップへ進めないばかりか、「自分はダメだ。能力がない。」と自己嫌悪に陥り、自分の能力を過小評価する。という無駄な時間を消費する事になります。

失敗してしまったら、すぐに原因を考えへ、次に備える方が合理的で生産性があります。

次を考える事で、自己嫌悪に時間を使っている場合ではなくなるため、精神的な負担も大幅に軽減できます。

まさに、失敗は成功への一歩!なのです。

失敗の原因を追求する

なぜ失敗したのかをしっかりと分析しておかないと、同じ失敗を繰り返してしまう可能性は大きくなってしまいます。

失敗を重ねる事は成功へ近づきますが、同じ失敗を繰り返してしまうと二の足を踏んでいる状態で一向に成功へは近づきません。

いつ?どこで?なにを?なぜ?どのように?という5W1Hで分析すると詳細な分析が可能です。1Hのだれが?は、もちろんあなた自身です。

1つ原因を見つけられたとしたら、その1つの要因を改善する事による、他の部分への影響も考えなければなりません。

場合によっては、発見した1つを変更する事によって、全てを組み立て直す必要があるかもしれません。

いわゆる”根底から覆す”というやつです。

失敗の原因を追求するからこそ、全く別のアプローチ方が見つかるわけです。

もちろん、少しの修正で成功を納めるに越した事はないですが、原因の分析にしっかりと時間をかけて本質を見つける事が、成功への近道になります。

失敗を恐れない

誰にとっても失敗は嫌なもので、できれば避けたい事ですが、失敗を避けるという事は、挑戦をしない。ということになります。

何度失敗しても、どんなに酷い結果だったとしても、挑戦し続けなければ成功へはたどり着けません。

失敗を恐れないために、メンタルを鍛えましょう。

ダメでもともと。と開きなおるのも1つの方法です。

初めから上手くいくはずがない。と流すのもいいでしょう。

自分1人で難しければ、友人を頼る事も、パートナーに甘える事もできるでしょう。

成功に失敗つきものです。もれなくついてきます。

あなただけが失敗しているわけではありません。

挑戦する全ての人たちが、少なからず失敗しています。

失敗に関する名言

「失敗すればやり直せばいい、やり直してダメなら、もう一度工夫し、もう一度やり直せばいい。」「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。」(松下幸之助/松下電器産業創業者)

「成功を祝うことは良いけれど、失敗の教訓を心に留めておくことのほうがもっと大切である。」(ビル・ゲイツ/Microsoftの創業者)

「私のやった仕事で本当に成功したのは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。」「失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。」
(本田宗一郎/本田技研創業者)

失敗を受け入れ・原因を分析し・失敗を恐れず挑戦し続ければ、

必ず成功する瞬間が訪れます。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期