成功のカギは「量」より「質」を高める発想

これからの時代、「質」を重視したサービスと「量」を重視したサービスのどちらが生き残れるでしょうか?

情報ツール(ソーシャルメディア・SEO)を駆使したマーケティングは「見せかけ」となり、その評価はどんどんその価値が低下しています。どんなに一生懸命にサービス提供をしても、ユーザーに求められている内容とズレていれば、最終的には見向きもされません。

求められているコト・モノ(需要)を理解し「質」の良い情報を提供するようにしなければ、せっかく時間をかけて準備したにも関わらず、ただの無価値な情報と思われてしまうのは悲しいですよね。

これからは「価値ある情報」でユーザーの心をがっしりと掴んでいく必要があります。

目の肥えたユーザーは中途半端な質をすぐに見破ります。

「量」より「質」という発想が今後、成功のチャンスとなりえます。

スポンサーリンク


「タダ」から生まれた成功例が「課金システム」

今は無料で使えるサービスが多く存在しています。

「価値あるものは対価が必要」という常識が崩れ、楽しめる場所や便利なサービスは無料でどんどん開放され、たくさんの人を集めることで広告収入を得る時代になりました。

最初は「タダ」で提供したものでも、のちの大きな「収益」を生み出す最たる例が、ユーザーが自分で選択できる「課金システム」です。

押し付けているのではなく、自分で選んでもらうような仕組みが作られました。

コミュニケーションツールとしては、フェイスブック、ツイッターなどの SNSが挙げられます。電話料金を払わずにタダで連絡が取れるラインやスカイプは実に画期的で実用的なサービスですね。動画視聴サービスのユーチューブでは、気軽に世界と繋がることができます。街中でも多くの人がアプリゲームを楽しんでいる姿をよく目にするのことでしょう。

こうした手軽なゲームアプリも「タダ」から生まれた成功例です。そして、学びたい時や困った時に役立つ豊富なコンテンツも、無料で提供されるようになりました。与えることは最終的に大きな利益となって返ってくるという、幾つかの成功例が見えてきました。

いかにして「選ばれる」か?

ユーザーの立場で考えてみると、受け取りたいと思う情報はどんなものでしょうか?

ブランド・コミュニケーションの専門家、Jeff Chapman氏は「人々は私たちが言うことなら何でも聞いてくれた時代から、自分の時間を捧げても良いと思う面白いコンテンツにしか耳を貸さない時代にシフトしています」と述べています。

たくさんの情報が溢れる中で、企業がユーザーを「選んでいた」時代から、ユーザーに「選ばれる」時代へと変化しました。

数ある中から、ユーザーに価値を見つけてもらわなければ、コンテンツを見たり聞いたりして受け入れてもらう「時間」を獲得できなくなってきています。

ユーザーは、新しい情報や楽しい話、面白いことであれば積極的に知りたいと思うはずです。そして面白ければ確実に引き込まれ夢中になります。

コンテンツが良ければマネタイズ(収益化)の方法は「課金型」「サブスクリプション方式」などいろいろ考えられるので、ユーザーに価値ある情報を提供し続けることができれば、確実に利益に繋げることが可能となります。

最後に

価値ある情報を提供し、ユーザーと共に成長できるよう”質”を高める事で、「選ばれる」情報になることができます。

個人が自分のビジネスを持って活躍することが一般化してきた時代ですから、あなたも気軽に、ローリスクで挑戦する事ができるようになりました。

まずは、「タダ」から始めて集客を行い、「収益化」可能な”質”の高い情報を発信してみましょう。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期