企業は「見える化」で共通認識をもてば、成長は加速する

売上や業務と言った「結果」として見えるものに対して、知識や知恵・ノウハウ・プロセスなど、頭の中にあるものを引き出す為の手法が「見える化」の本質です。

「見える化」は、ただ単に”見せる”ものにするのではなく、目の前の事柄をきちんと見る、そして必要なことを”見える”ようにする、という全く違った角度から、考える必要があります。

「見える化」を正しく行えば、企業活動上に存在するあらゆる問題を誰もが明確に意識できる状態を作り出せます。

しかし、現状では、様々な情報を提示さえすれば、それが「見える化」である、と勘違いしている方が多いようです。

スポンサーリンク


「見える化」することで分かること

「見える化」で得られる最大のメリットは、その分かりやすさによって、「誰が見ても理解でき、共通認識をもつ事ができる」というものです。

事業の方向性や、コンセプトなど、個々の感覚で判断されにくい要素であっても共有することができます。特に「問題点」「知恵」という部分では、かなりの効果を期待できます。

「問題」とは企業の最前線とも言える現場で起こっている事を、企業全体で共有できれば、経営全体として把握する事ができます。

社員全員が同じように状況を把握し、問題点を認識することができれば、企業全体の成長が見込めます。

情報を羅列するだけではあまり意味がなく、たくさんの情報を提示したところで、本当に見てもらいたい人が注意を向けてくれなければ、情報提供の方法が間違っていると言わざるを得ません。

「知恵」の見える化では、高度な戦略があったとしても、それを提示し「共通認識」を持って実行させることは、言葉で言う程簡単ではありません。

変化激しいでは、絶対的な答えなどありませんし、大事なのは、画期的なアイディアです。価値観ギャップを否定せず、自分と真逆の価値観を持つ人から刺激をもらい、そこから知恵が生まれます。

必要なのは”知識”ではなく”知恵”なのです。

「見える化」により、何を改善すべきかを理解することができるため、全体で同じ目標を共有して行動することで成長する事ができます。

「見える化」によって気づく事

「見える化」によって現状をどれだけ理解できているかを把握する事ができ、どの情報を”見せる”かを判断し”見せる”タイミングの選択、分かりやすさ・伝わりやすさを意識した提示方法をとる事で相手の気づきを促す仕組みづくり、問題点を把握した後の対策までもが見えてきます。

トライ&エラーを繰り返し、本質的な問題を共有する事で、企業全体の成長スピードは増し、強い企業に育てる事が可能になります。

企業において「見える化」の本質とは、経営と現場に存在する「ギャップ」を改善することが基本原則であり、それにより気づくことができ「共通認識」が見出され、組織全体での学習が加速します。

「見える化」によって得られた「気づき」は、レバレッジを起こし、最短ルートで「成長」する事ができます。

「見える化」を取り入れる事で、気づかなかった問題点・改善点を見つける事ができ、事が大きくなる前に対策を打つ事が出来るようになります。

そして、トップに立つ人間であれば見える化に率先して取り組むことで、CS・ESの向上が見込まれます。

「見える化」と「可視化」の違い

顧客ニーズや従業員のやる気、スキルなど実際に目に見えないものを目に見える状態にするのが「可視化」です。

「見える化」は「可視化」に加えて見たいと思わないときでも強制的に見えるようにする事で、改善のためのフィードバックやアクションを起こせるようなものをいいます。

この違いを理解していないと、「見える化」したつもりが「可視化」にとどまって、問題意識のある人だけしか見なかったり、改善のためのアクションが起きなかったりして問題点の共有や改善がされないので、注意が必要です。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期