【人の振り見て我が振り直せ】世界中で大人気フォートナイト の下手な人の特徴

Nintendo Switchでも無料で始められるようになった、世界中で大人気のフォートナイト!

初めてやるぞという方も多いと思います。

上手くなるコツは、様々な媒体に出ているので

ここでは、やらない方がいい動きを下手な人の特徴から教えます。

撃たれたら、キョロキョロする。または逃げる。

このタイプは、割と多いです。

撃たれたらまずはくるっと回って壁を建てましょう。

探すのはあとです。敵には見られているので、逃げても無駄です。

実質三〜四発撃たれるとアウトですので気をつけましょう。

慣れてきたら、撃たれた瞬間矢印がでますので、

それを見て壁を作りながら、坂を作って敵より上を狙っていきましょう。

赤の印です。(この場合は向こう側ですね)

安全地帯を短距離で行く

フォートナイトは嵐といのうがあって、

時間内に地図上の白い枠内に入らないといけないのですが、

出来れば早めに中に入るようにしましょう。

地図には短距離で枠に入れるように白い線が出ますが、

その線に沿って行くと敵に出会う確率がかなり上がります。

コツは円枠に沿ってグルーと動き、

街など人がいそうなところは避け人が居なさそうなところに移動するようにしましょう。

二週収縮までは後ろに嵐が来るように端っこにいましょう。

後ろに敵がいないというだけでも、安心です。

三週目からは上を見つけ、櫓を作ることを意識した動きをしましょう。

どこにいても必ず敵と出会います。

時間ギリギリで嵐に追いかけられる形になった場合はしょうがないですが、

なるべく余裕を持って行くことがベストです。

木や鉄などの素材集めに夢中になる

素材は大事ですが、敵を倒せばある程度素材は貯まります。

素材集めに夢中になる方は、素材を溜めたのに、なぜか使わない方が多い気がします。

夢中になっていると、狙われやすいです。

上級者になると木などワザと倒して、位置を知らせる動きをしますが、

あまり敵に出くわしたくないなという方は、なるべく止まらず、

上記で述べたように枠の側を意識しつつ移動しながら伐採していきましょう。

素材は600あれば安心というのが通説ですが、

それは戦える上手い人だけであって、まだ慣れてない人はそんなにいりません。

一人倒せれば狩ってる分は手に入ります。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期