グラブルのナルメアが最終上限解放決定!

ナルメアの最終上限解放決定!

5月17日よりナルメアの最終上限解放の決定通知とアップデートによりそのまま最終上限解放が完了致しました。

ナルメアは昔は一撃がかなり重くアタッカーとして優秀でしたが防御面の不安や、優秀な闇属性キャラに編成枠を押され気味になっていました。

しかし、人気は落ちず遂に最終上限解放が成されたナルメアを今回はご紹介するので、是非参考にしてくださいね。

人気キャラなのでサプチケ等で取得している人も多いと思うので、最終上限解放後のステータスを中心にレビューしたいと思います!

ナルメアの能力の変化は?

ナルメアは今回の解放で最高レベルが80から100にアップしました。単純に攻撃ステが高いナルメアなので、更なる火力アップは当然のこと、既存のアビリティ強化に加え他にも新たな能力が追加されました。

最終上限解放後の奥義は源氏の構えで「胡蝶刃改・源氏舞」で、闇属性攻撃(特大)の他に3ターンの間ナルメアの攻撃力UPと、胡蝶刃による攻撃力UPが上昇します。

一方の神楽の構えでは「胡蝶刃改・神楽舞」では闇属性攻撃(特大)に幻影効果を2回付与、胡蝶刃による防御DOWNを解除してくれます。

今までのナルメアの運用では高い破壊力は魅力的でしたが、場合によっては一撃で倒れてしまう脆さが心配されていました。しかし、神楽の構えの奥義でクリアで消去不可の防DOWNが解除されるようになったので活躍する場面がぐっと増えました。

2アビの泡沫夢幻ではレベル95まで成長することで源氏→確定DA/TA10%UP、神楽→チャージターンに関わらず防御DOWNを25%に変更させる効果が追加されました。

レベル100で取得する「胡蝶双舞」という4アビでは、自身の奥義ダメージ60%UP/上限値30%UP(1回)と高揚効果をナルメアにつけることが出来ます。

リキャストは10ターンで、戦闘開始から3ターン目から発動ができるようになります。あくまで非AT時でのアビリティ使いに向いていると考えていいでしょう。

攻撃タイプは早い段階で奥義上限に引っかかって活躍しきれていないことがありましたが、このアビリティを使うと装備が揃っている人は200万~も楽に連発することが出来、アタッカーとして抜きん出たキャラに化けます。レベル100までのレベリングに見合ったアビリティですので、是非優先的に強化することをおすすめします。

サポートアビリティの鍔迫合ではレベル90になると、大ダメージでもHP1で踏ん張る効果が追加されます。鍔迫合はリミテッドシリーズのカタリナをイメージしていただけると使いやすいです。

HP1で耐えられて助かる場面は多くて嬉しいですが、闇属性はあまりHPを多くできない編成が多いので他キャラのアビリティで極力ナルメアが倒れないようにコントロールしてあげてください。

ナルメアの使い所は?

ナルメアの使い所は対光属性の場合はゴリゴリのアタッカー枠として使用出来ます。使い方に慣れていないor最終上限解放前ですと脆くて倒れやすいので短期戦ですが、レベルを100まで成長させると一気に中期戦や場合によっては長期戦にも連れて行けるキャラになります。

また、初心者の方が全属性キャラが揃ってない時でもナルメアには活躍場面があるの嬉しいポイントです。

ナルメアの1アビでは通常の闇属性攻撃+敵キャラの弱体属性(敵が火属性の場合は水属性攻撃)が入るので、どんどん出張にも連れていくことが出来るキャラです。

闇属性は最終上限解放キャラがまだまだ少ないので、当面は闇のアタッカー枠としてナルメアで乗り切れると思います。

みなさんも、恒常キャラなので今回のレビューできになった場合は次回のサプライズチケットでナルメアを指名してみてくださいね!

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期