グラブルの新EXⅡジョブ「グローリー」追加

グラブルの新ジョブEXⅡ「グローリー」が実装

3月27日からグラブルで新EXⅡジョブの「グローリー」と「黒猫道士」が追加されました。今回はその中でも、グローリーのジョブについて説明します。

今までのEXジョブ枠だった忍者、ガンスリンガー、メカニック、ドラムマスターなどはエクストラ枠ということもあり、強力ながら尖った性能で使いどころが別れることがありました。

それらのEX枠をⅠとして、新たにEXⅡとして入ってきたジョブは、取得条件も違い難易度も上がっています。その分、強力な力を持っているのでぜひ使いこなしたいジョブです。

新ジョブのグローリー取得方法

新ジョブEXⅡの取得方法は

1.剣聖のジョブレベルを20にする

2.3000JPの消費

3.剣聖の証20個消費

4.称号「栄光帯びし剣の遣い手」所持

5.英雄武器「アシュケロン」の属性変更

を全て行うことで取得することが可能です。

この中で1番時間を要するのがアシュケロンの属性変更です。素材がたくさん必要なので、半額キャンペーンや日々の余ったAPを積極的に属性変更にあてることをおすすめします。

他には月に交換出来る証の数が決まっているので、剣聖の証も事前に交換しておきましょう。

新ジョブのグローリーの性能は?

グローリーの系統は特殊タイプのジョブで、得意武器が刀や剣です。今までのも剣は強力な武器として活躍してきた武器ですが、刀が今までは活躍する場が少なく、刀がメイン武器のジョブも目立たない存在だったので、これからの武器追加に期待出来ます。

ジョブレベルをマックスにした場合のマスターボーナスは「メイン武器として剣装備時に、メイン武器の攻撃力3%上昇」効果がつきます。

メイン武器に剣はスパルタなどのジョブのメイン武器なので、グローリーのマスターボーナスはぜひ取得しておきたい内容です。

グローリーのアビリティはグローリー・アーツで武器の秘められた力の解放です。リキャストは8ターンです。

ジョブレベルをマックスにすると開放されるリミットアビリティはエスパーダとドゥプレクス、コルミロスです。

エスパーダは6ターンごとに装備している刀か剣の本数に応じて1.7倍~10本装備で15倍のダメージを敵に与えます。最大ダメージが116万と十分なダメージソースになります。

ドゥプレクスはリキャストは8ターンですが、3ターン自身に30%の追加ダメージ、自属性攻撃20%、通常時の剣気消費の命中率が上昇します。

コルミロスは被ダメージ時に剣気消費を防ぎ、DA率20%/クリティカル率30%/クリティカル発生率50%、攻撃率20%が上昇します。

こちらの効果はクリアなどでは消去することが出来ませんが、再びコルミロスアビリティを使用すると効果を解除することが出来ます。

グローリーはサポート効果に栄光の象徴というものがあり、剣気を纏っているあいだは主人公が攻撃力、DA率、被ダメージカット率、敵対心上昇の状態になります。

自身が的になりながらも高火力を出せるジョブなので、安定して敵を倒すことが出来ます。

他のソードマスターという効果ではメイン武器に指定している武器の効果を引き出す能力を持ち、この能力は武器によって変わってくるので、様々な種類の剣と刀を集めると、より戦いやすくなります。

取得条件も簡単ではありませんが、自身の装備武器を剣と刀の量を増やすほど強くなれるので、装備が整っていない騎空士では使いこなすことが難しいジョブです。

しかし、装備が揃えば高火力をほぼ永続的に扱えるようになるので、このグローリーを目指しイベントやマグナを周回する価値はあります。

日々の周回でグローリーの強さを高めていくのも今後の1つの道かもしれませんね

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期