ポケモンGOのエイプリルフールは懐かしのドット!

ポケモンGOも4月1日はエイプリルフール!

平成30年度のポケモンGOエイプリルフールは、懐かしのドット絵ポケモンたちを楽しむことが出来ます。

今日しか見られない特別なポケモンたちと、明日からも使える新要素のご紹介をするので、ぜひポケモンGOを起動してみてくださいね!

ポケモンGOとしてだけではなく、ポケモン全体としてはYouTube内でCMやチャンネルに動画が登場しているので、こちらもチェックしてみてください。

ポケモンGOもエイプリルフールでドットの世界に

エイプリルフールではポケモンGOをプレイする時に、世界最高水準の技術を駆使して作られた8ビットのグラフィックを楽しむことが出来るようになったと発表されました。

開発からは「今までにないいきいきした体験」を感じられると表記されているので、いざ更新してみたらだまされてしまう

この8ビットのポケモン達は、通常の草むらでのポケモンゲットシーンや博士との通信では利用することが出来ません。

お供にしているポケモンの確認と、ポケモンずかんに登場しているポケモンが8ビットの対象になります。

他には、近くにいるポケモンたちも8ビットで表現されているので、基本的な操作はいつもと違うポケモンを見ることが出来ます。

私もポケモンを確認しましたが、懐かしのドットのポケモンを楽しむことが出来るのでおすすめですよ。色は白黒ではないので、懐かしさと新しさを同時に感じられるいいエイプリルフールのネタだと言えます。

他には2018年4月1日より、うどん県として知られる香川がヤドン県に変更されることが発表されました。

うどんとやどんを掛け合わせたネタですが、香川県の知事に就任したヤドンが改名発表会も行いました。

ヤドン和三盆、張子ヤドン、丸亀ヤドンなど香川の特徴的なものもヤドンに改名されており、香川県のサイトからも確認することが出来ます。

うどん県のネタについては、任天堂の公式チャンネルでも確認することが出来るので、ぜひ確認してみてくださいね!

4月1日からの追加要素

ここからは、4月1日以降も続いていく追加要素のご紹介をします。こちらはポケモンリサーチという要素で、初めてポケモンに実装された「デイリータスク」の役割を果たしてくれるシステムです。

今までの○日連続ログインやポケモンGET、ポケストップでの登録などとは違い、伝説のポケモンや旅に役立つアイテムが配布対象となります。

まだまだ解明されていない新しい内容ですが、ここではウィロー博士からの依頼を受けることができ、それらをこなしていくことによってスタンプを受け取ることが出来ます。

7つのスタンプによって特別な大きな報酬を受け取るスペシャルリサーチと、簡単に出来るサーチの2種類があるので、じっくりやり込んでいける要素といえます。

フィールドリサーチはモンスターボールやげんきのかけら各5つずつなど使いやすいアイテムを何度も受け取ることが出来ますが、スペシャルリサーチは1度しか挑戦できないので、気をつけてください。

ウィロー博士のタスク画面は残念ながら8ビットでは楽しむことが出来ませんが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

初代ポケモンのオーキド博士のようなドットを少し期待していたので残念ですが、タスクは今日から挑戦できるので、たくさんのドット調のポケモンとは出会うことが出来ますよ!

ポケモンではエイプリルフールで毎年楽しい内容を盛り込んでおり、他プレイヤーもゲームを起動していることが多いです。

レイドバトル等の成功率がいつもより上がっていると言えるので、2018年のエイプリルフールを楽しみながらポケモンGOを遊んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期