すぐやる人になる方法!すぐやる人の習慣!すぐやる人に変われる方法!

「すぐやる」ことの大切さは分かっているものの、多くの人は腰が重く、なかなか行動に移せない。

”明日こそは!”という決意だけを毎日繰り返し、気づけば長い時が過ぎてしまっている。という事はありませんか?

そんな、あなたの為に「すぐやる人」に変われる習慣作りをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


「すぐにやらない人」は時間経過を意識していない

「すぐにやる人」と「すぐにやらない人」の大きな違いは、”時間経過”を意識しているかどうか。

なにか考え事をしている時も、行動している時も、なにもしていない時も同じ量の時間が流れています。

人間は怠ける生き物ですから、「やろう!」と思っている事でも時間経過とともにやる気がなくなってしまいます。

楽をしたい、怠けたい、面倒くさいことはしたくないというような行動を阻害する観念が時間経過とともに頭の中を満たしていきます。
そして「今やらなくてもいいや、明日やろう」と先延ばししてしまい、明日になれば、「また明日。」と先延ばしの連鎖が止まらなくなってしまい、いつしから「やらなければいけない事」自体を忘れてしまいます。

このように先延ばし体質では永遠に夢や目標は実現のしようがない状況になってしまいます。

「すぐやる人」になることの重要性!

「すぐやる」ことが何故そんなに重要なのでしょう?

そんなに急がなくてもゆっくりと考えて始めればよいのではと思う人もいるでしょう。しかし、すぐに行動を起こすこと、このスピードが、その後の人生を決めます。

思いたったら即行動!すぐに最初の行動に移ることが重要!

仕事でも勉強でも趣味であっても、思い立ってから行動を移すまでの時間経過の長さが、その目標が成就するかどうかの決定的な要因になります。動き出す時間が短ければ短いほど良いのです。

「すぐやる人」に変われる方法

「すぐやる人」は成功者が持っている共通の資質と言っていいでしょう。簡単に言えば行動する人です。逆に「すぐにやらない人」は、行動しない人であり成功は難しいと考えられます。

成功者になりたいのなら、なんとしても「すぐやる人」になりましょう。
キーワードは「スピード」と「習慣」と「妨害力の排除」です。

スピードをもって行動を起こし、習慣化する。

やることを決めたら、1分以内に最初の行動を起こしましょう。

ここだけは自分の意志力が必要です。1分以内に初期行動をすればその行動自体がモチベーションをあげてくれます。そして、手をつけてしまえば「最後までやりきる」もしくは、「キリの良い所まで」と言った具合に意志力と関係なく行動を続けられます。

とにかく最初はこのスピード力を身に着けます。

このスピード力は最初は意思の力が重要となるため、たいへんですが頑張って3か月続けられれば習慣化されます。習慣化する事により無意識で行動を起こせるようになるので、”楽をしたい、怠けたい、面倒くさい”といった感情が生まれないようになります。

妨害力を排除する

とりあえず、3か月継続できたとしても、油断すればすぐに挫折しかねません。習慣を強固なものにするには1年間を目標にしましょう。

そのためには、自分のこれまでのライフスタイルを振り返って、妨害力となりうる悪い習慣を排除する必要があります。

妨害力となる物は人によって異なるのですが、自分の大切な時間を食いものにしている無駄な時間のことです。

それは長時間のテレビ視聴であり、ゲームの時間、あるいはネットサーフィンかもしれません。
とにかく無駄な時間をできるだけ排除しましょう。”きっぱりとやめる”と考えるとストレスになりかねないので、時間を制限するなどの工夫が必要です。

まとめ

「すぐやる人」に変わる為には、すぐに行動を開始する・妨げになる要因を前もって潰しておく。この2つを意識すれば、すぐにでもあなたは変わる事ができます。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期