新しい考え方を受け入れる為の柔軟思考になる4つの習慣

周りの人が自分のことをわかってくれないと思うことはありませんか?

それは、もしかすると思考が硬直していまっている状態かもしれません。少し柔軟な思考を持つ事で”新しい発見””今までにない成長”を手に入れる事ができます。

成長に繋がる柔軟な思考を手に入れる4つの習慣をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


違う見方を探してみる習慣

どんな人にもコンプレックスはあります。自分にとってはコンプレックスであっても、他から見ると”個性”と見られ、羨ましがられる事もあるはずです。

そこで、コンプレックスとネガティブに捉えるのではなく、”個性”として活かそうとするように考えてみてください。

同じ事柄でも見方を変えれば、自信に繋がります。

たとえば、あなたが「大勢の前では緊張してい上手く話せない」というコンプレックスを持っていたとします。見方を変えると、「少人数であれば問題ない」とか「緊張するのは、それだけ真面目だから」とか「緊張している人って意外と親しみがもたれやすいかも」など、必ずしもダメだと思っていたところが悪いわけではない思えるようになるはずです。

緊張した時などに、私がよくやっている考え方は

心臓がバクバクする=体が興奮している。全身に血液がしっかり送られて、力を発揮する準備をしている。という風に緊張をポジティブに捉える事を心がけています。

少し見方を変えるだけで気持ちも大きく変化します。

第一印象を疑ってみる習慣

人は、ある程度第一印象で相手の評価をします。

「この人は優しそう」「この人は警戒したほうよさそう」など、第一印象で相手への態度を変えます。”人は見た目が9割”という書籍も流行りましたね。

そして、第一印象はなかなか疑うことをしません。

確かに第一印象が正しいという見解もありますが、あえてそこを疑ってみることも大切です。例えば、「この人は印象が悪いから離れよう」と思うのではなく、「第一印象は良くないけど、少し話してみると違う印象になるかも!」という風に考えるのです。

見た目だけで、中身を決めつけてしまうのは思考が硬直しているとされても仕方のない行為です。

常識に惑わされない習慣

常識というのは、非常に危険なものです。

普通は◯◯だから。みんな◯◯って言っているから。というのはある意味偏見です。

私の好きな言葉に「常識は疑え」という言葉があり、新しい発想・発見は常識を疑う事で見つかります。

柔らかい表現を心がける習慣

「〜すべき」「こうじゃないとダメだ」という思考の人っていますよね。

これは自分の意見を人に押し付ける言い方なので、相手は不快感を頂きます。

そればかりではなく、他の見方・相手の意見を尊重する余地をなくしてしまいます。

思考において、正解が1つしかない。という事はないので”決めつけ”によって視野が狭くなり、柔軟な発想がなくなってしまいます。

「失敗ばかり」を「失敗することもあるよね」と変換したり、「私ばかり」を「誰にだってある」という風に、凝り固まった思考を柔らかい思考になる表現をしてみましょう。

言葉は、言い方を変えるだけで周りへ与える影響力も大きく変化します。

また、言葉を変換するには語彙力が必要になるので、レパートリーを増やす事でビジネスシーンにおいても優位性を持つ事ができます。

スポンサーリンク


最後に

凝り固まった思考というのは、自分が成長する妨げになるばかりか、相手の成長チャンスさえも潰してしまいます。

また、思考1つでストレスも軽減されますし、人当たりの良い感じになるので、人間関係のトラブルもグッと減ります。

柔軟な思考を持つように心がける事で、人生をラクに楽しく過ごせるようになります。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期