意見の不一致を歓迎せよ!めんどくさい上司や職場の人間関係のリセット!

職場でうまく周囲と馴染めなかったり、意見が合わないなどの悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?

職場環境を整える事は成功・成長する上で必須となってきますので、大きな問題になる前に改善する必要があります。

今回は、職場の人と意見が合わないという状況をチャンスに変えるにはどうすれば良いか?をテーマに考えてみましょう。

スポンサーリンク


”意見の不一致”から得られるメリット

意見が合わないということは職場だけでなく、日常生活でもよく起こりえます。

人間は意見が一致しないと不安を覚えます。相手に対して「冷たい」などの印象を持つことも多いのではないでしょうか。

しかし実際は、意見の不一致があるからこそ生み出されるメリットがたくさんあります。

例えば意見が衝突することで、新たなソリューションが生まれる可能性が高いです。1つの意見だけでは気付かないうちに視野が狭くなっていることやバイアスがかかってしまっている事がよくあります。

しかし、反対意見が出ることで多角的に物事を考えられるようになり、より多くのアプローチが可能になります。

第三者に自分の意見と異なる意見を言われることは不快と感じるかもしれませんが、自分の意識次第で、自分に足りない多くの学びや気づきを得る”キッカケ”になります。

また、人間関係の改善やより強い絆を築くことも可能となります。

衝突をすることで、その人への理解が深まり、絆が深まります。仕事で衝突したことをキッカケに友人になるケースもあります。

建設的な意見のぶつかり合いは大変有意義なものですし、それを経て仕事に対する満足度が向上したり、職場環境がより良いものへと改善される事も往々にしてあります。

言われてみれば確かに…と思った方も多いでしょう。

メリットに目を向けると、意見の不一致は悪いことではない。と思えるのではないでしょうか?

組織で成功を納める為には、意見の不一致は積極的に歓迎する環境こそ重要です。

どうすれば”意見の不一致”を受けいられるようになる?

意見の衝突が苦手という方もいますが、少し意識を変える事ができれば、誰でも意見の衝突を恐れない自分に変われます。

好かれたいという気持ちを捨てること。

誰しも人に好かれたいという気持ちはあります。それが悪いわけではありません。

ただ、「好感度を上げる」「嫌われないようにする」というのではなく、「敬意を払う」という事を表してみてはいかがでしょうか。

相手に敬意を払う事で、自分も敬意を得る事ができますし、この関係が構築できれば”意見の不一致”は恐れるものでは無くなります。

意見を個人攻撃と思わない

仕事における意見の衝突は、人間関係によるものではなく目的やプロセスの違いが主な要因です。仕事の全体像を捉え、ビジネスとしてのニーズから、意見の重要性を判断することが大切です。

プロジェクトを成功させる為に、皆が考え、意見を出し合う事でビジネスでは良い結果が生まれます。

意見の不一致は「冷たさ」ではない

意見の不一致をポジティブに活かしている人を見つけ、ロールモデルとすると一層効果的です。

不一致を上手く活かしている人の真似をすることで、そのエッセンスを自分自身も吸収することができます。
個性の違う人間による多様性こそが、チームでの成果を高める重要な要素となります。

居心地の悪さを楽しめるようになれば、仕事の生産性やスキルは格段に向上しますよ。

まとめ

これからは個人が活躍する時代。という風に言われていますが、会社組織において、個の集まりがチームとなります。大きなビジネスをする時には、それに見合った人員が必要となります。

人にはそれぞれの個性があります。人に影響力をもたらすのが得意な人、調和を取るのが得意な人、とにかく突き進む人・・・など、違うタイプの個性をもつチームを作る事でお互いの”苦手”を補うことができます。
違うタイプの集まりだからこそ”意見の不一致”は避けられないものである為、それがあるからこそ成長のチャンスがあるのです。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期