成功の鍵は休日にあった!仕事以外の時間をどう使うか?

あなたは休みの日をどのように過ごしていますか? まさか、1日中ダラダラと過ごし、気付けば夜?!なんてことはありませんよね?

体の疲れをとる。という意味で休日は必要ですが、ゴロゴロと過ごしていれば疲れが解消されるなんてことはありません。

それに、経営者にとって本当の意味での休日はありません!

常に仕事の事を考えるのが当たり前になっているのです。「気付けば仕事の事を考えていた」というくらいごく自然に考えているので、休まれなかったり苦痛になったりもしない。というのが経営者の特徴です。

といっても、四六時中考え事をしているわけではないので休日をどのように過ごしているのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク


早起きは基本

休みだからといって「ダラダラといつまでも寝ている」なんて事はありません。成功者は生活のリズムが崩れる事を嫌います。たった1日の休日のせいで、その後1週間の生活リズムが崩れてしまうわけですから当然ですよね。

アクティブに過ごす

成果をあげている人ほど休日もアクティブに過ごす場合が多いです。

仕事と遊びのメリハリをつける事で気持ちを切り替え、メンタルヘルスの管理もしています。

休みなのに体を休めないの?と思う方もいるでしょうが、休む時は徹底的に休息をとる。などそこでもメリハリをきかせています。

また、休日であっても1日の予定はしっかりと立ててあるので午前中は体を休めゆっくりする午後からはアクティブに動く。など計画性がある過ごし方をするのも特徴ですね!

そして遊びからアイディアを見つけ仕事へ繋がる。という大切さも知っています。

会議室で考え込んでいる時よりも、遊んでいる時のようが面白いアイディアが浮かびやすいんですよね!

読書をする

読書は趣味と仕事が共存している部分ですね。

経営者は学び、知識を増やす事を楽しんでいます。そして読書によって得た知識を仕事へ応用させていく事がほとんどなので、”体を休ませながらも考えることはやめない”やはり成功している人ほど、人より多くを考えている。考える事によって成功体験を生み出しています。

また、読書はストレス解消に大変効果的である。と近年の科学で証明されています。

趣味に没頭する

好きな事をしている時は、楽しいし心も穏やかになり、幸福度も上がりますよね。

普段、仕事で忙しくしている分、趣味の時間をなかなか作れないので、ここぞ!という時には時間を忘れ没頭します。

その楽しみがあるからこそ、仕事への意欲が湧きモチベーションをあげてくれます。

既婚者の場合は自分の趣味ばかりに時間を使う事は難しいですが、大切な家族と過ごす時間も趣味の時間と通ずる幸福度はありますよね!

スポンサーリンク


仕事の整理をする

やはり仕事を完全に忘れる事は難しいので、翌週のスケジュール管理や計画。タスクの整理などの仕事の時間を設けます。

実務的に仕事をするのではなく、準備・整理をするのですが、これをする事によって翌週の効率が変わります。どうせ考えなければいけない事であり、仕事の事が気になってゆっくり出来ない・何をしていても没頭出来ない。となるよりは、気がかりな事を処理をしてスッキリした状態で遊びに集中するほうが有意義に過ごせますよね。

このように成功者は休日であっても”完全なオフ”となることはありません。常に頭の片隅で仕事の事を考えています。

1日中ダラダラ・ゴロゴロと過ごしていては、成功できる可能性は限りなく低いです。

気持ちの切り替えを行いながらも、考える事でいつもと違った視点からのひらめきがあり、いいアイディアが生まれるのです。

本当にあなたが「成功したい!人生を変えたい!」と願うのであれば、休日の過ごし方を変えてみると、見た事のない世界が見えてくると思いますよ。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期