目標を達成する人は、心をこう鍛えている 意志力を鍛えるための「日常の習慣」

禁煙・禁酒・ダイエット・勉強など何かを決める時に、意志力が使われています。

しかし、瞬発的な意志力だけでは継続する事は難しくなってしまう時があります。

先延ばしや人で決めた事を断念する時に「自分は意志力が弱いから・・・」と思ってしまう事があります。

成功するには意志力を鍛え、コントロールする必要があります。

スポンサーリンク


意志力は鍛えられる

意志力は”筋肉”のようにトレーニングをすれば鍛える事ができます。

ですので「自分は意志力が弱い」と感じている方でも、努力次第で”強い意志力”手に入れれるのです。

意志力は脳の前頭前皮質という場所が、その役割を果たしています。

つまりこの部分を鍛えれば意志力を強く発揮出来る。とうことに繋がります。

では、どのようにすれば前頭前皮質を鍛える事ができるのか見ていきましょう。

瞑想

瞑想を行う事で前頭前皮質の血流が増え、大きく肥大する事が脳科学の観点から確認されています。

前頭前皮質が大きくなるというのは、筋トレをすれば筋力がつくのと同様で、意志力が強くなったということです。

1日10分を8週間続けると、脳の形が変化する。と言われています。

小さな成功体験を積み重ねる

タバコを吸いたい!と思っても、すぐには吸わず10分だけ我慢してみる。

食べたい!と感じた時に、10分だけ我慢してみる。

(10分にこだわらず、5分でも、ほんの一瞬でもいい)

この少しの我慢という成功を積み重ねる事で、意志力を鍛える事ができます。

積み重ねる事で、この前も我慢できたから今回も我慢できるはず!というように良い連鎖が生まれてきます。

禁煙・ダイエット(ー◯◯キロという具体的な数値)・禁酒などは強い意志力を必要とします。

いきなり強い意志力を発揮するのは難しいので、弱い意志力でも成功するような小さい課題から始める事で、成功するたびに自信を得られる効果があります。

運動する

脳と体は密接に繋がっているため、運動する事でも脳を鍛える事ができます。

筋トレ・ジョギング・ウォーキングなどジムに行かなくても出来る方法はたくさんあるので、まずは自宅で簡単に取り組める方法で始めると無理なくスムーズに始められます。

意志力は消費される

意志力は無限に使えるものではなく、1つの決断をするごとに消費されていきます。

大きな決断でなくても、朝食はなににしよう?昼食は?夕食は?今日はどの服を着よう?

などの些細な事でも消費されていきます。

スティーブ・ジョブズが毎日同じ服装をしていたのは、服を選ぶ事による、意志力の消費を無駄だと感じていたからです。

1日に意志決定を行える数は限られるので、必要な場面で確実に意志力を発揮出来るように、無駄な事に意志力を使わない。

というのは、まさに意志力のコントロールと言えます。

意志力は回復する

疲弊してしまった意志力は休息する事で回復できます。

そのために”質の高い睡眠”と取る必要があります。

質の高い睡眠法を説明したいところですが、意志力とはかけ離れた内容になってしまうので

また次回に詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


意志力は鍛えることができる?

自分で決めた事なのに、なかなか実行できない、途中で諦めてしまう、長続きしないというのは意志力が弱いからではなく、意志力は鍛える事が出来る。という事を知らなかったからではないでしょうか?

意志力は先天的なものよりも、後天的に身につける事のできる力です。

成功者たちは、意志力を鍛錬し、節約し、しっかりと回復を図ることで大きな成功を手に入れる事が出来たのです。

意志力をコントロールできれば、自分の行動ひいては人生を思い通りに進める事ができます。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期