初心者でも株式投資で失敗しない勝利の法則!!

お金・資産を増やそう!と考えた時、かなり早い段階で出てくる案が株式投資だと思います。

会社の株を売買し利益を得る。お金でお金を作り出す!投資の代名詞ですね。

今は少額でも株の売買が出来るようになっているので、少ない資金でも気軽に挑戦する事ができます。

そこで、投資で失敗しないコツを見ていきましょう。

※ この通りにやれば、「必ず成功する」もしくは「絶対に失敗しない」という物ではございません。

絶対のルールを決める

株式投資では、大きく利益を出す事もありますが、大きな損失を生んでしまう事もあります。

そこで、利益は◯◯%になったから必ず利益確定をする。

利益が出ている時は、つい欲が出てきますが、それが失敗に繋がります。

損失が◯◯%になったら損切りする。(こちらの方が重要)

もう少ししたら、きっとまた上がるはず!という考えが判断を鈍らせます。

このように、明確なルールを決めます。

数字にこだわる必要はないですが、できるだけシンプルなルールの方がいいです。

ちなみに、投資の神様といわれる、ウォーレン・バフェット氏のルールは

お金持ちになるためには、2つのルールを守りなさい。
ルールその1:絶対に損をしないこと。
ルールその2:絶対にルール1を忘れないこと

というすごくシンプルな物です。

銘柄を複数所有し、分散投資をする

1つの銘柄にこだわらず、投資先を分散させる事でリスクも分散させる事ができます。

自分が選んだ銘柄が100%上がるとは、限りません。1つの会社に資産を全額投資してしまうと、損失が出てしまった時にカバーのしようがなくなり、最悪の場合、一文無し。なんてことになりかねません。

複数の銘柄を所有していれば、株価が全く同じ動きをする事はないので、どれかが下がった際は、上がっている会社もあるはずです。

トータルで見た時に上がっていれば問題ないのですから、利益を拡大化する。という意味ではなく、リスクを分散させるためにこれを行います。

一度に大量購入はしない

仮に資金が100万円あるとしたら、1度に100万円すべてを使い切るなんて馬鹿げていますよね?

正常な状態であれば、誰だってそう思うはずです。

しかし、株(お金)は人を狂わせます…。

今が最高のチャンス!この機を逃すと次のチャンスはない!と思い込んでしまうと、

人は判断能力がなくなります。

そうならないために、どんなに買い時であっても1度に購入する額を決めておくと良いでしょう。

また、株価を気にせず決まったタイミングで決まった数量を買う。という

ドルコスト均等法といわれる手法を用いるのも有効です。

【安く買って、高く売る】が大原則ですが、安く大量に購入してはいけません。

その銘柄が必ず上がるという保証はどこにもないんです。

株式投資で成功しようと思わない

成功したいがために投資を行うのに、成功しようとは思わないって矛盾でしかないですが、

これこそが、株式投資の本質です。

株式投資の根底は、この記事のタイトルにもあるように失敗しない事なのです。

つまり、負けなければ成功なんです。

分散投資で、ある銘柄が損失を出していたとしても、トータルで負けていなければいいんです。

株式投資では、お金を増やすという考えよりも、お金を減らさない。という事に意識した方が

結果的に勝つ事ができる!と言われています。

株式投資は、短期間に大きな利益を出すのではなく、

いかにリスクを分散し、長期的な取引を続けられるか?

という戦略をとった方が最善策なのです。

投資は株式だけ出なく、不動産・金・FXなどもありますが

私が最もオススメする投資は、自己投資です。

自己投資にお金を使えば、自分自身のスキル・知識・技術を向上させる事ができますし、

成長は必ずすけれど、リスクはない!と思うからです。

自己投資は、あなたの期待を裏切る事のない投資先だと思います。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期