仕事で活かせる!発想力を鍛えて成功を手にする!

アイデア、発想力があるのに実現できないのは何故なのでしょう?

誰でも発想自体は浮かんでくると思います。

「あ、こんなのイイかもしれない!」
「もしかすると、これはイケるかも!?」
「ちょっとこれは凄いアイデアかもしれない!」

だけど、実際に行動に移してみても結果がついてこない・・・
頑張っても理想と現実とのギャップを埋めることができない・・・

あなたもそんなガッカリした経験はありませんか?

実は、発想力は”ある条件”によって実現が困難になってしまいます。
それは自らが「複雑」にしてしまうことです。

• 仕事では許容範囲を越えて、あれこれ詰め込み過ぎてしまう。
• 自分で動いてみて、知識不足で思考停止状態になってしまう。
• 余計な行動を加えることで、変な方向へと行ってしまう。
• 自分のプライドや見栄が邪魔して、遠回りしてしまう。

こんな状態にピンときませんか?

せっかく良い発想が浮かんでも、うまく結果が出せないことがあります。

スポンサーリンク



行動する前から、考え過ぎてしまう。

行動する前段階で考えることは、あくまで想定でしかありません。
本当に考えるべきことは、行動したあとで「次」に繋げるために考えます。
それでも行動する前に、あれこれ考えてしまいますが、そんなときは、

「複雑に考え過ぎていないか?もっとシンプルに考えるとどうなる?」

と、自分に問いかけてみましょう。
どうしても失敗に対する「恐れ」から、頭の中では完璧を求めてしまいがちですが、
勇気を持って、完璧主義を手放す事が必要です。

発想力を鍛えて実現力を高める3つのコツ

基本は、シンプルに考えることです。
不要なものは削ぎ落とし、本当に必要なものだけに厳選すること。
それが、シンプルに考えるということになります。

選択と集中

あなたの中から出てきた発想は、何を満たしたいのでしょうか?
それをすることで、あなたはどんな感情になることができるでしょうか?

本質は、あなた自身が満たしたい「感情」です。

そして、

あなたが提供できることもあなた自身が満たしたい「感情」です。

その「感情」を選択し、そこにのみ集中してください。

シンプルにそれだけを考えて行動するように意識すると、
あれもこれもといろいろと付け足す必要もなくなってきます。

世に出す事を優先する

あなたの発想で得られる「感情」を明確にして、シンプルに削ぎ落とす事ができたら、すぐに世に出してしまいましょう。

世に出せば、フィードバック、クレーム、要望、賛辞、無視など、出せば出した分だけの反応がかえってきます。

あらゆる意見を真摯に受け止め改善作業に取り掛かった方が成功は早くなります。

頭の中で「ああでもない、こうでもない」と思考を巡らせても、

それは単なる想定・妄想に過ぎず、それは単なる独りよがりに過ぎません。

どんなアイディアも頭の中にあるうちは最高の傑作ですが、それが世の中に受け入れられるとは限りません。

世に出して、反応を反映させることによって、本物の傑作になりうる可能性が出てくるのです。

ある程度のクオリティで納得する

完璧を求めすぎると、実現は永遠に訪れません。

完璧を求めるとは、どういうことかと言うと、

「失敗しない」ようにしようと思う意識のことです。

より完璧を求めるという意識ではなく、失敗を恐れる完璧主義のことです。
他には、今あるものを手放せない完璧主義、こだわりを手放せない完璧主義、
自分を守ろうとする完璧主義などがあります。

• 失敗しても構わない。
• 今あるものを手放しても構わない。
• こだわりを手放しても構わない。
• 過剰に自分を守ることをあきらめても構わない。

このように、失敗や失うことへの可能性を受け入れることが大切です。
失敗から学ぶ事もおおいにありますし、「あなたの中の完璧なもの」が必要なのではなく、改善作業によって作られるものが「世の中のニーズにあった完璧なもの」なのです。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期