毎月、必ず多くの経営者が集まる場所

成功している経営者は、足しげく神社に通う。

一度は耳にした事があるフレーズではありませんか?

最近は、「経営者(成功者)と神社」に関する著書も多く出版されています。

日本では古来より、神社にまつわる”逸話”や”偉業を成した人物を祀る”という風習があります。

【成功者と神社】には、目に見えない繋がりがありそうですね。

経営者は神社へ何をしに行くのか?

「困った時の神頼み」をしに行っている人もいるでしょう。

”願掛け”は、精神的な支えにもなりますし、お百度参りは、平安時代から行われていた!

という説もあるみたいです。

他にも、

絵馬やお守りなんかも願掛けの一種ですよね。

しかし、経営者の多くが行っているのは、

感謝・謙虚がキーワード

お参りは、お願いする事ではなく、感謝をしに行く。

「先月も無事に過ごす事ができました。」

「見守っていただき、ありがとうございます。」

など、平穏無事だった事を感謝しに行っている。と答える方がほとんどです。

そして、日頃の感謝をした上で、

「次は、こんな事にチャレンジする!」などの決意表明をしたり、

「こんな事があり、こんな成果が出た!」などの報告も合わせていているそうです。

つまり、ものすごく謙虚な姿勢で神社へ参拝しに行っているのです。

もちろん、全ての経営者が同じココロをもって行っている訳ではないと思います。

成功している人が行っている習慣であれば、

自分も真似をしよう!という気持ちで行っている場合もあるでしょう。

捉え方によっては、邪まな考えですが、「神社」という神聖な場所であるが故にそう感じるだけで、既に成功している人の真似をする。という発想は、成功に不可欠な要素です。

そこで、ただ真似をしてるだけだけれども、

真似をして行動しているからこそ得られる効果。を考えていきたいと思います。

既に成功している先輩方の真似(影響)をする。

謙虚な気持ちで感謝をしに行く。という気持ちからの行動を

ガラッと視点を変えて、冷静に状況を分析してみましょう。

毎月、数多くの人が神社に集まるタイミングがあります。

それは、朔参り。

その日に焦点を絞り、考えてみます。

経営者(成功者)が朔参りをしに、神社へ行く習慣がある。

自分も成功したいから、習慣を真似てみる

多くの経営者がたくさん集まる(ある種のコミュニティー)

経営者同士のコネクションを作れる場

ビジネスチャンスに繋がる。

こう考えると、かなり合理的な方法ですね!

しかも、経営者という最終決定権を持つ者同士での話し合いなので、

かなり実現性の高いビジネスチャンスとなり得ますよね。

そのチャンスを逃さず、しっかりとつかむ為には、

絶対に知っておかなければならない知識があります!

正しい参拝のやり方

やはり、マナーが基本中の基本です。

ビジネスチャンスの可能性があり、経営者が多く集まるタイミングで、

恥をかいてしまっては、全てが台無しです。

「仕事ができない人」というレッテルを貼られない為にも、

正しい参拝方法を学んでいきましょう。

二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)

1・賽銭を投げる

「賽銭を投げ入れる事で、参拝しに来た。」という事を知らせます。

金額はこだわる必要はないですが、額や枚数で意味合いを持たせる。という考えもあるので、

こだわりがある方は、一度調べてみるのもいいですね!

音を立てて、お知らせする。という意味では、紙幣ではなく、硬貨の方が良いように思います。

2・鈴を鳴らす

鈴の音によって、神を呼ぶ。

3・二拝

2度、頭を深く下げ、おじぎをする。

神への敬意を表します。

4・二拍手

胸のあたりで手を合わせ、右手を少し下にずらしてから2度手を叩く。叩き終えたら、両手を合わせる。

5・一拝

もう一度、おじぎをし神を送る。

感謝の気持ちを忘れずに、

全てにおいて謙虚になることで、

人から愛される経営者になる事ができ、

成功を引き寄せる人物になることができます。

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期