モンストの追憶の書庫での効率的な利用法

モンストの追憶の書庫

モンスターストライクをプレイしている時に、あの時の降臨やイベントクエストをプレイしておけばよかった!と思うことはありませんか?

降臨が終了した後に、神化に必要なモンスターをガチャでゲットしてしまうと、次の開催まで期間が空いていると、強化がストップしてしまいます。

そんな時に有効なのが追憶の書庫です。このシステムを利用して、効率的に強化や運極モンスターの作成に活用してください。

モンストの追憶の書庫の条件は?

モンストの追憶の書庫はノーマルクエストやイベントクエストなどのページに並んでいるシステムの1つです。

ランクが70以上になるとクエストページから解放され、星5か星6のクエストなら、表示されているクエストならいつでも挑戦することが出来ます。

書庫の中に入っているクエストはいつでも挑戦することが出来ますが、1日のソロ/ホストでは5回が上限とされています。

クエストはクリア,リタイア,ゲームオーバー,キャンセル,再開をキャンセルすると使用回数が1ずつカウントされていきます。

マルチの参加側には参加上限がないので、入りたいマルチは積極的に参加することをおすすめします。

マルチの参加回数は毎日0時に更新されるので、ログインの日付変更時間とのズレに気をつけてくださいね。

次は、追憶の書庫をプレイする上での効率的な方法を2つご紹介します。

1)強化したい素材集め

使い道の1つ目は、所持しているモンスターの神化素材を入手する場合です。

とりこぼしてしまい次回まで持ち越しをすると、強化にも時間がかかってしまいます。

モンストでは複数種類の素材を必要とする場合がありますが、一種類では多くてもラック5程度まで集めておけば完了する場合が多いので、1日5回の制限があっても数日で集め切ることが可能です。

追憶の書庫の内容は順次アップデートされ内容が充実していきますが、最新の降臨やイベントクエストは追加されていないことが多いので、その場合はアップデートを待つか次回の開催を待つ必要があります。

2)運極狙いでコツコツ周回

2つ目の方法は、もう少しで運極にすることが出来るキャラがいたり、ギミックの基準をクリアしているので挑戦してみたいイベントをプレイすることです。

こちらは確実にプレイすることが出来るのが魅力ですが、イベントとして開催されているとマルチでプレイヤーが集まりやすいですが、追憶の書庫だとすぐに人が集まらない場合があります。

もう一つの注意点としては、プレイヤーが入ってきた場合もギミックや攻略方法を忘れていたり確認したりせずにマルチに入ってきてしまう場合があるので、確実に攻略をしたい時は知り合いで固めて挑むのが無難です。

初心者プレイヤーへのお得情報ですが、ノーマルクエストクリアで貰えるジライヤは最初から進化された状態でゲット出来ます。

追憶の書庫では星5のジライヤにいつでも挑戦することが出来るので、一体分ですが運極までの必要数も少なく、使いやすいキャラなので運極作りがしやすいキャラです。

マルチの募集では使いやすくて強いクィーンバタフライの募集やクシナダ、イザナミは多く募集されています。

運極で挑戦するのが前提になりますが、他のクエストに比べて募集されていることが多い分マルチに参加しやすく、ホストとして募集しても参加者を集めやすいです。

マルチの回数が多いほど運極作りも短い期間でできるので、それらの強化に必要になるモンスターを事前に追憶の書庫で集めておくというのも有用な手段です。

以上が追憶の書庫の内容や、効率的な利用方法です。先手先手を読んで利用する事も、集めきれなかった素材を取りに行くことも出来るシステムなので、ぜひ毎日利用してくださいね!

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期