インフルエンザ予防接種いらず!健康的な食事で予防!

こんにちは、今回は、良く風邪を引く、体が弱い方のためにどういった食べものがいいのかを書いていきたいと思います。

私たちは、食べた物から体が形成されています。必ず効果があるという自然物と言えばスーパーで販売されている野菜や肉類ではないでしょうか?

きちんとしたデーターがあり摂取することで体の不調が、治る可能性があります。

インフルエンザに打ち勝つには!ビタミン摂取

冬になると日本列島は、鳥達がインフルエンザを運んできます。免疫力が弱い人達は、インフルエンザに感染し周りの人達に飛沫感染して少しの間猛威をふるまいます。

だれしもが感染すれば1週間は、インフルエンザとあなたの体が戦い苦しい症状がでてきます。もし、免疫力が高くなっている健康状態ならインフルエンザなどによる感染症は、体の中に入っても撃退され症状はでないと言います。

インフルエンザに打ち勝つ素材は、どんなものがいいのでしょうか!?

体を芯から温めましょう!

日常的に体が冷えている事が多いいといいます。市販されている体温計で測定しても平熱で問題はないかと思いますが、冷え性や両足のむくみなどが体を冷やす原因となります。

この場合、体の芯から温めなければいけません。それに適している食材のパワーが一番です。それは生姜です。

暖房器具などでは、体の表面しか温まりません。だから、暖房器具を消せば寒くなりますね。だが、体の中から温めるパワーがあれば汗がに、熱が外へと出て行きます。

もちろん熱が出ていれば解熱作用が起こり体の免疫力が高まりインフルエンザも体内の温度が40℃に達すれば活動が鈍くなり死滅の道を歩みます。

ビタミンが、いっぱいの野菜・フルーツコーナー

スーパーに入りかごを取り最初のコーナーはビタミン豊富なスポットです。各種ビタミンが豊富に摂取できるところです。

ほうれん草やピーマン、トマト、レタスなど様々な野菜にはビタミン各種が豊富です。

それに、野菜は食物繊維が豊富で便秘で悩んでいる方などには最適栄養素です。野菜コーナーは、人間が生きるための栄養素が豊富な場所です。

魚は他には負けない栄養の宝庫

野菜コーナーを抜けると次には、鮮魚コーナーが出てきます。左側にはお店により異なりますが卵や厚揚げ、お漬物などがあります。

さて、魚ですが実は種類により他の素材と同じビタミンやカルシウムが豊富にあると言います。それならなにもいらないじゃない! いえいえ! とんでもない。栄養のバランスで食事は行わなければいけません。カルシウムだけではその日の栄養が補充できません。魚と野菜、ご飯、みそ汁などと言った具合に色々な素材でできた料理を食べる事で栄養の源になるわけです。

肉類は、地味なコーナーです!

野菜は、色も様々ですが肉類は赤身一色です。

確かに肉類は好き好きかと思います。最近では、色々な研究で各肉類には今まで以上の栄養やダイエットに人昔は、食べたら必ず太ると言われてきました。

今では食べて痩せるなどとも言われています。中には朝からステーキを食べて痩せるともいわれています。

肉コーナーは肉だけではありません。最近は、ホルモンや動物の内臓などが販売されています。ホルモンなど色々な専門の食堂などで販売されている食材が販売されるようになりました。また、ハムやベーコン、冷凍食品の調理肉類があります。

一人暮らしの方は、簡単な調理でおいしいお肉が食べられるわけです。栄養の偏りも無くなり少しは健康になれるかと思います。

他にも栄養源のコーナーは沢山あります!

魚コーナーを進んでいけば乳製品が多くあります。牛乳やヨーグルト。色々なお菓子などが豊富にあります。乳製品は、カルシウムなど骨を丈夫にする要素が豊富に入っています。ヨーグルトは体にいい菌が入っておりきちんと摂取すれば体調も万全。

スーパーマーケットは、栄養の宝庫です。

昔は、野菜が欲しければ八百屋へ。魚は、魚屋さんへ。肉は、肉屋さんと分業制だったのがスーパーマーケットが出来た事でその場で栄養源が購入できることです。

おいしい物を、食べたいといっても料理は苦手と言う方に、お店は独自の総菜を用意してくれています。最近では、一口サイズなど高齢者の方が購入されています。

ちょっと料理に興味があればスーパーマーケットを1周されたり、いつもいくお店を決めておくのも手ですね。

あとは、基本に忠実に、帰って、手洗い、うがいだとか、睡眠をしっかり取ると体がの免疫力が上がるので、なかなか風は引きません。

自分の体調を自分で管理する!

日々の習慣を意識して、改善したほうがいいのなら改善し、習慣にしていきましょう!

何がなくても健康第一です!

スポンサーリンク
モテ期




モテ期




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モテ期